看護師として大学院に進学する

看護師が大学院に進学する意義とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大学院へ進学するためには、これまで4年制大学を卒業することが義務付けられていました。しかし、学校教育法の改正によって、専門学校卒の看護師であっても、キャリアによっては大学院への進学を認められるケースがあります。

 

これによって、幅広い知識を学ぶことが出来るようになったので、自分の可能性を広げる場所が増えました。ここでは、大学院で学ぶことについて紹介をします。

 

 

看護系大学院へ進学する方法は?

 

最初に、自分が学んだり研究したい分野を決めることから始めます。看護学といっても内容は様々ですから、成人や子供、老年、母子など多岐にわたっています。大学院の試験は、志望する分野に対する内容が出題されます。また、英語が必須になっているところも多いですね。

 

また、面接などもあって、これまでのキャリアや志望時などの確認がされます。どれだけ強い意志を持っているかということが、厳しくチェックされるんですね。

 

 

大学院で何を学ぶのか?

 

大学院には、修士課程と博士課程の2つがあります。修士課程とは、2年間の修業となっており基本的な研究方法を学ぶ場所です。1年目では、座学が中心で教授が用意した資料を元に、学生同士で議論を行ったりします。また、テキストを各自でまとめて発表するといった形式を取る場合もありますね。

 

大学院での勉強については、自発的に考える力が求められます。なので、受け身での姿勢だと、付いていけない可能性があるので注意しないといけません。

 

そして、2年目ではテーマを決めて、修士論文を書き上げるといったワークを行います。

 

 

一方、博士課程とは、3年間で自立した研究者の育成を目的としています。自分が研究したいテーマについて、文献を読んで情報を収集して研究計画を立てます。そして、2年目でデータを集めて実習をして、3年目で論文を書くといった流れになりますね。

 

 

看護系以外の学部への進学も可能

 

看護学以外にも、他の大学院へ進学することもできます。福祉系や心理系など、他分野の知識を深めることもできるんです。看護学は、人間を対象としているので複雑ですし、多様な視野が必要となります。

 

なので、他の学問領域を学ぶことで、看護師として新しい視点を持つことが出来るのでプラスになる部分が多いはずです。

 

 

 

以上のように、大学院へ進むことでより多様な知識を見つけることが出来ます。深く看護学を学びたい人や新しい学問を学びたい人は、進学を考えてみても良いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース