看護師も社員旅行へ行ける!

社員旅行を企画する病院もある

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医療関係の職場は、高収入や充実した福利厚生が魅力と言えますね。一般の仕事よりも看護師の給料は高額ですし、職員寮や託児所、退職金制度などの福利厚生が整っている職場が多いです。仕事はハードですが、待遇の良さで満足している看護師は大勢います。

 

そして、中には社員旅行などを企画して、他の職員と一緒に旅行へ出かける病院も少なくありません。看護師の世界は離職率が高いと言われていますから、こういったイベントを企画して満足度を高めるという狙いがあるわけですね。

 

旅行が好きな人は、こういった点からも転職先を探しても良いかもしれません。

 

病院が福利厚生に力を入れる理由

 

全国の病院が抱えている問題として、看護師の人材不足が挙げられます。人の命を扱う重圧や長時間に渡る拘束などで、心身ともに疲れ果てて辞めてしまうわけですね。特に、夜勤の多い病棟などでは、常に人が足りていない状態となっています。

 

こういった状況を打破するために、福利厚生を充実させる病院が増えてきました。職員に対するメリットを増やすことで、離職率を減らしたり多くの人材を集めることを目的としています。小さい子供を持つ職員のために、託児所やフレックスタイムを導入している病院もありますね。

 

職員の入れ替わりが激しいと教育コストが掛かるので、福利厚生を充実させた方が病院のコストはトータルで安く済むわけです。

 

 

社員旅行の意義について

 

そして、福利厚生の一環として、社員旅行を企画する病院も増えています。日頃の過酷な業務で疲れが溜まっていますから、温泉などへ行ってリフレッシュを図るわけです。また、職員同士でゆっくりコミュニケーションができるので、親睦を深めるといった意味合いもあります。人間関係が良好な方が、日々の業務をスムーズにこなすことができますからね。

 

旅行の日程に関しては、2回に分けていることが多いです。病院を休みにするわけにはいかないので、職員を半分に分けて交代で旅行へ行くことになります。大抵の場合は、日勤が終わってから貸し切りバスで温泉などへ向かうことが多いでしょう。

 

 

ただ、社員旅行に行きたくない場合には困りますね。ゆっくり家で休みたい場合もありますし、社内行事に付き合うのが面倒に感じる人もいます。自由参加であれば問題ないですが、強制なのであれば我慢が必要かもしれません。

 

職場では人間関係が大切なので、そういった行事にはなるべく参加した方が良いと思います。

 

 

旅行券を配布してくれる職場もある

 

旅行代金などは、大部分を病院側が負担してくれます。互助会制度などで、毎月の給料から積立金を天引きされる場合もあります。単なる娯楽旅行の場合もありますし、研修旅行として旅先で講習を受けたりすることもあるようです。

 

また、社員旅行ではなく、家族旅行のために旅行券を配布する病院もありますね。上司や同僚との旅行だと気を遣いがちですから、家族で旅行へ行けるように配慮しているわけですね。これだと気を遣う必要が無いために、しっかりとリフレッシュすることができます。

 

職員の事を考えてくれる病院も多いので、福利厚生がしっかりしている所を選ぶようにしてください。そうすることで、仕事のしやすさが大きく変わってくるでしょう。

 

 

 

以上、看護師の社員旅行について解説をしました。こういった機会を利用すれば、普段は接することの無い職員と仲良くなれることがあります。そうすれば、仕事が圧倒的にしやすくなりますから、積極的に活用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース