看護師が職員寮に住むメリット・デメリット

看護師が職員寮に住むメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の仕事はハードですから、夜勤が終わるとヘトヘトになって家へ帰ることになります。その時に、自宅が遠すぎると嫌になってしまいますよね。通勤時間が長いと疲労も溜まってしまうので、職場の近くにマンションを借りる人がほとんどです。

 

でも、一人暮らしをするとなると、色々とお金が掛かって大変ですよね。都心部だと家賃も高くなるために、家計を圧迫してしまいます。そういった時には、職員寮のある病院への転職を考えても良いかもしれません。

 

病院が用意したマンションなら格安で住むことができますし、通勤も楽になるので働きやすいといえます。

 

職場を選ぶときには働きやすさを重視する

 

看護師が転職先に求める条件としては、「給料が高い」というのがトップだと言われています。もちろん収入は重要な要素ですが、職場の福利厚生にも目を向けてみてください。小さい子供がいるのであれば、院内保育や育児休暇などの制度がある方が良いでしょう。

 

また、独身者のために職員寮を完備する病院も増えてきました。病院の敷地内に寮があったり、近くのマンションを一括借り上げしていることもありますね。賃料も病院が全額負担、もしくは一部負担してくれるので、格安で借りることが可能です。

 

最近の特徴としては、豪華な設備を持つ寮が多くなっていることですね。オートロック完備やオール電化、光熱費込みなど、かなり生活がしやすい環境となっています。セキュリティ対策が万全なので、女性でも安心して住むことができるでしょう。

 

 

ただし、休みの日でも先輩や同僚に出会ってしまうというデメリットがあります。仕事とプライベートの切り分けが難しくなるので、人間関係が上手くいっていないなら大変かもしれません。さらに、オンコール待機で緊急時に呼び出されることもあります。

 

 

人材の獲得や離職率を減らすための工夫

 

どこの病院でも、看護師の不足が問題となっています。なので、新しい人材の獲得や離職率の減少などが、病院にとっては重要な課題なわけです。そのために、豪華な職員寮を用意したりするわけですね。

 

住み心地の良い環境を用意すれば、それを求めて外部から人材が集まるようになります。そして、職員寮は退職時に出ていく必要があるので、既存の職員が離職していくのも防ぐことができるでしょう。

 

こういった理由から、職員に高待遇を与える病院が増えているので、転職時の参考にしてみてください。一般的に、都心部の大病院に行くほど福利厚生が充実している傾向にあります。それだけ仕事も忙しくなりますが、働く環境としては素晴らしいといえますね。

 

 

 

以上、看護師の職員寮について紹介しました。豪華設備の寮は大病院がほとんどですが、中小の病院でも看護寮を用意している所はあります。初めての一人暮らしが不安な人は、寮に入るのも考えてみると良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース