通勤する看護師への福利厚生について

通勤する看護師への福利厚生について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職先を決めるときに、自宅から職場への通勤時間や距離などは重要な要素ですよね。なるべく近くの職場でなければ、毎日通勤するのが苦しくなります。また、毎月の交通費もバカになりませんから、できるかぎり安く済ませたいと思うでしょう。

 

自宅の近所に職場が見つからないなら、通勤手当を支給してくれるところを探してください。医療施設によっては、職場までの交通費を全額支給、もしくは一部支給してくれます。これだと、かなりの節約となりますのでメリットがありますね。

 

ここでは、通勤に関する福利厚生を紹介します。

 

通勤手当の支給に関する注意点

 

多くの職場では、通勤手当の支給があると思います。自宅から職場までの距離に応じて、所定の金額を支給してくれるわけです。職場によって、全額負担だったり、一定の上限が決まっていたりしますね。

 

かなり嬉しい制度なんですが、支給額によっては税金が所得税の対象になるので注意が必要です。以下は、非課税となる月の通勤手当の上限です。

 

交通機関の利用者

100,000円

自動車や自転車の利用者 片道55km以上 31,600円
45〜55km未満 28,000円
35〜45km未満 24,400円
25〜35km未満 18,700円
15〜25km未満 12,900円
10〜15km未満 7,100円
2〜10km未満 4,200円
2km未満 0円(全額課税)

通勤手当の非課税限度額

 

上記の金額を超えた場合には、所得税が掛かってしまいます。ただ、これを超えるような支給を受けるのは稀ですから、あまり気にする必要はないかもしれません。一応、知識としては知っておくと良いでしょう。

 

 

職場の近くへ引っ越す方法もある

 

条件の良い求人が見つかった場合、職場の近くへ引っ越す人も多いです。近くに住んでいれば通勤が格段に楽になりますし、体力的な負担を軽減することができます。病院から見ても近くに職員が住んでいる方が、離職率が下がったりするのでメリットがあります。

 

そのため、職員寮を用意したり、住宅手当を支給する病院が多いです。こういった福利厚生を整えておけば、職員の満足度が高くなるので意欲を持って仕事をしてくれます。また、新しい人材を集めやすくなるので、職員にメリットを与えるわけですね。

 

特に、職員寮においては、オートロックやオール電化などの最新設備を整えて、かなり住みやすい環境を提供していることがあります。女性の一人暮らしでも安心できるように、セキュリティ対策を万全となっていますね。

 

ハイグレードマンションに格安で住めるので、単身の女性からは人気が非常に高いです。ですから、転職先を探すときには、職員寮や住宅手当に注目しても良いでしょう。

 

 

 

以上、看護師の通勤に関する福利厚生を紹介しました。実家住まいや一人暮らしなど、人によって状況は様々だと思います。なので、自分の状況に合った福利厚生が受けられるように、よく調べてから転職を行ってください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース