看護師が受け取れる手当の種類について

看護師が受け取れる手当の種類について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医療業界は福利厚生が充実していますから、色々な手当が支給されています。特に、看護師は基本給は高くありませんが、諸手当の割合が多いために手取りの収入はかなり多くなります。なので、年収アップを考えるのであれば、手当の種類や金額も考慮に入れた方が良いでしょう。

 

医療機関によって、支給される手当の内容は大きく異なります。ですから、求人広告を見るときに、内容をしっかりと確認してみてください。同じ仕事内容だとしても、手当の金額で収入が変わってしまうので注意が必要です。

 

ここでは、看護師の手当てについて紹介します。

 

基本的な手当の種類

 

最もポピュラーな手当としては、通勤手当や家族手当、夜勤手当や住宅手当といったものがありますね。これらは、ほとんどの医療機関では支給されているはずです。他にも色々な種類がありますから、以下で一覧で紹介します。

 

通勤手当 通勤にかかる費用を支給
家族手当 配偶者や子供など、家族の人数分だけ手当を支給
保育手当 保育園に預けている子供がいるときの手当
夜勤手当 夜間の仕事に対する手当
休日手当 休日に出勤した時の手当
役職手当 師長や主任などの管理職に対する手当
資格手当 正看護師と准看護師を差別化するための手当
交代勤務手当 イレギュラーな出勤に対する手当
住宅手当 家賃の一部を支給する

 

職場によっては支給されないものもありますが、これらは比較的ポピュラーな手当となります。全てを合わせると結構な額になるので、バカになりませんね。

 

 

その他の手当について

 

専門の資格を持っていたり、特定の診療科目で勤務すると支給される手当があります。あまりメジャーではないので知らない人も多いですが、覚えておくと得をするかもしれません。

 

寒冷地手当 寒冷地での光熱費上昇に対する手当
地域手当 物価が高い都心部での手当
専門(認定)看護師手当 専門看護師や認定看護師の資格に対する手当
オンコール手当 急な呼び出しに備えて自宅待機するときの手当
危険手当 精神科や放射線科などで危険が伴う業務の手当
皆勤手当 遅刻・早退・欠勤が無い人に対する手当

 

地域などによっては支給されない手当ですが、自分が該当するかどうかを調べておきましょう。申告しなければもらえない場合もあるので、チェックしないといけません。

 

 

 

以上、看護師に支給される手当について紹介しました。ほとんどの手当は法律で決められているものではないので、支給されるかどうかは職場の判断によります。支給額は多い方が良いですから、どんな手当があるのかを調べておくようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース