看護師の3交代勤務の実情を紹介します

看護師の3交代勤務の実情を紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加  

病棟では24時間体制で看護の業務を行いますから、看護師が交代制で勤務するのが一般的となっています。そして、病院によって、2交代・3交代などと分かれているのが特徴ですね。2交代だと日勤と夜勤に分かれて勤務をして、3交代だと日勤と準夜勤、深夜勤となっています。

 

どちらの勤務体系が良いのかは、その人のライフサイクルによると思います。労働時間や時間帯などが大きく異なりますから、自分に合った勤務体系を選択した方が良いでしょう。転職先を決める際にも、交代勤務のやり方をチェックしてみてください。

 

ここでは、3交代勤務の看護師の日常について解説をします。

 

3交代の勤務時間について

 

1日の勤務を3人で交代していくので、1人当たり8時間程度の労働時間となります。日勤(8時半〜17時)、準夜勤(16時半〜0時半)、深夜勤(0時〜9時)となるのが一般的ですね。30分ほどの時間の被りがありますが、この時間帯に申し送りなどの引き継ぎを行います。

 

ナースコールなどが鳴りやまないときには、残業をする必要性も出てきます。なので、10時間を超える労働となることもしばしばです。労働時間だけを見ると一般職と同じですから、一見すると楽なように感じますよね。

 

 

3交代のメリット・デメリット

 

メリット

 

2交代と比べると、労働時間は短くなります。2交代の夜勤だと16時間の労働時間となるので、その半分で済む3交代は拘束時間が少なくていいです。集中力も持続することができますから、質の高い仕事ができるという看護師も多いです。

 

一般の仕事と変わらない労働時間となるので、3交代を好む看護師は多いですね。

 

 

デメリット

 

ただ、シフト交代が小刻みとなるので、あまり休めないのがデメリットです。2交代だと夜勤の翌日は休みですから、たっぷりと時間の余裕があります。しかし、3交代では8時間後には次の勤務があるので、少し仮眠をしてすぐ出勤しないといけません。

 

なので、慢性的な睡眠不足になってしまう人が多いです。また、準夜勤が終わると電車がありませんから、タクシーでの帰宅が必要となります。交通費を全額支給してくれる職場なら良いですが、一部負担だとお金が掛かってしまいます。

 

 

3交代勤務の日常について

 

3交代勤務を採用している職場は、日勤 ⇒ 深夜勤 ⇒ 準夜勤 ⇒ 休日となっているのが一般的です。なので、1日目に日勤が17時に終わって、すぐに家に帰って仮眠した後、深夜勤で24時から出勤しないといけません。

 

そして、深夜勤が9時に終わるので、また家に帰って仮眠した後、準夜勤で16時半に出勤するわけです。また、残業があると帰宅時間が遅くなりますから、それだけ仮眠の時間が少なくなってしまいます。

 

こうやって見ると、かなりハードな仕事だということが分かりますね。なので、家が遠い職員は、帰宅せずに仮眠室で泊まってから、また出勤するという人もいるようです。

 

相当な疲れが溜まりますから、休日は寝て過ごすだけになることもあります。時間的な余裕を考えると、2交代の方が楽だと言えるかもしれません。

 

⇒看護師の2交代勤務について

 

 

 

以上、3交代勤務の看護師について紹介しました。なかなか余裕が無くて大変ですが、3日おきに休日があります。慣れてくれば疲れにくくなるはずなので、3交代の方が楽だと感じる人もいますね。自分に合った勤務体系を見極めて、無理のないように仕事をしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース