新人ナースの悩みを解決する方法とは?

新人ナースの悩みを解決する方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

新人のナースが持つ悩みの多くは、「仕事ができない」ということがほとんどです。一人で満足に仕事ができないことで、自分に対して劣等感を持ってしまうわけですね。こういった状態が続いてしまうと、精神的に疲れてしまって辞めていく人が多いです。

 

実際、日本看護協会が実施した「新卒看護師の看護基本技術に関する実態調査」では、基本的な技術を習得している新人ナースは、全体の7割を占めました。基本的な技術とは、「ベッドメイキング」「リネン交換」「呼吸・脈拍・体温・血圧の測定」「身長・体重の測定」の4つの項目です。これらは、誰の手を借りずとも、自分一人でこなすことができるようです。

 

 

しかし、それ以外の項目の多くは、「一人で出来ない」という回答をする人が大多数を占めたんです。たとえば、「心臓マッサージ」や「ストーマケア」、「止血の介助」などがそうですね。実に、一人で出来ない項目は、23個にも及びました。

 

以上のように、ほとんどの看護師が、自分一人で満足に仕事ができないという現状があります。

 

 

なぜ、仕事ができないのか?

 

考えられる原因としては、看護教育の現場での技術を習得する機会が減ったということがありますね。最近では、医療安全管理の面や患者の権利を守るといった側面から、実際の患者さんを使っての技能の指導をする場面が制限されているわけです。

 

他にも、規制の改正によって、看護基礎教育での実習時間も減りました。こういった理由から、新人ナースが学べる機会がどんどん少なくなっているということです。

 

しかも、新人ナースの過半数が、入職後2か月以内に夜勤業務を始めています。仕事ができない状態のまま、一人で夜勤をこなさなければいけないわけです。これは相当なストレスになるでしょうから、看護師がすぐに辞めてしまう理由の一つだと言われています。

 

 

一日でも早く仕事を覚えるために

 

そうはいっても、いつまでも仕事ができない状態では、看護師は務まりません。なので、どうにかして技能を習得する必要があります。「自分はダメな人間なんだ」などという劣等感は持たないためにも、効率よく仕事を覚える術を知ってください。

 

方法としては、先輩やプリセプターに対して、どんどん質問をするということがあります。「これは、どうやるんですか?」と、しつこいくらいに質問をしましょう。医療ミスが起きたら取り返しのつかないことになるので、嫌な顔をされても気にせず聞くということが大切です。

 

とにかく、仕事を覚えることに執着して、周りから指導を受けるということが有効な手段だと言えるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース