内定承諾後に辞退することは可能か?

内定承諾後に辞退することは可能か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職活動をしていて、内定をもらえれば嬉しいですよね。しかし、焦って承諾してしまうと、後で後悔することになるかもしれません。たとえば、内定を承諾した後で、第一志望の病院から内定通知が来た場合などです。

 

全ての結果が出るまでは返事を保留するのがセオリーですが、内定の喜びから即答で承諾してしまう人もいるでしょう。入職手続きが完了するまでは職員ではありませんので、内定を辞退することは可能です。

 

しかし、思わぬトラブルに発展することもあるので、注意が必要ですね。ここでは、内定承諾後に辞退する場合について解説をします。

 

なぜ、内定後に辞退をするのか?

 

内定を一度承諾してから辞退する看護師は、意外と多いそうです。先述したように、後から第一志望の内定をもらった場合や、内定通知書に記載されていた雇用条件が思っていたのと違ったりすることがあるからですね。

 

社会人として好ましい事ではありませんが、やむを得ない事情があるなら仕方ないと言えるでしょう。仕事をする上でどうしても譲れない条件があるなら、ハッキリと辞退を申し出るようにしてください。

 

一般の仕事よりも高収入の看護師ですが、自分のライフスタイルを崩してまで働く必要はありません。納得できないままで仕事をしても、ストレスが溜まる一方です。

 

 

承諾後に内定辞退する場合の注意点

 

ただし、一度承諾してしまった以上、自分に非があります。ですから、先方に対して十分に配慮して、丁寧に断りを入れるようにしてください。大切なことは、できるかぎり早く連絡するということですね。

 

言いづらい事だからといって、期限ギリギリまで先延ばしにするのは止めてください。先方は、内定の受諾を受けた後、受け入れの準備をしています。だから、早く断りの連絡をしないと、迷惑が掛かってしまうわけです。

 

また、あなたが辞退したら、新たに別の人材を選考する必要もあります。こういった事情から、連絡が遅くなってしまうと、先方の機会損失が膨らんでしまいます。

 

 

辞退の連絡をするときは、メールではなくて電話にしてください。自分の声で誠心誠意の謝罪をすることで、納得してもらえるはずです。法律的には職業選択の自由があるので、内定後に辞退をしても問題はありません。

 

でも、先方にも採用のコストが掛かっているので、連絡が遅すぎると損害賠償を請求されるかもしれません。だから、内定後の辞退に関しては、最終手段として考えておいてください。複数の病院の面接を受けているなら、すべての結果が出るまで返事を保留するのが転職の作法だといえます。

 

 

 

以上、内定承諾後に辞退するケースについて解説をしました。あまり良い事ではありませんから、できればしない方がいいですね。なので、その場の勢いで決断するのではなくて、計画的に転職活動を進める必要があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース