ダメな履歴書に共通する6つのパターン

ダメな履歴書に共通する6つのパターン

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師に限らず、転職をするときには履歴書と職務経歴書が必要となります。職務経歴書は馴染みが薄いかもしれませんが、履歴書は学生時代のアルバイトや就職活動などで何度も書いたことがありますよね。

 

なので、油断する人が多いのですが、履歴書を書くときには注意が必要です。書類選考の時には、履歴書と職務経歴書で判断されるので、不備があったりマナーが悪ければ落とされてしまいます。

 

面接の前に落とされるのは不本意だと思いますから、履歴書を書く際には慎重になりましょう。

 

ダメな履歴書によくある6つのパターン

 

志望動機から熱意を感じない

 

履歴書の内容で最も重要なのは、志望動機といっても過言ではありません。採用担当者は、「なぜ、ウチの病院で働きたいのか?」ということを重要視します。「家から近いから」といった理由では、間違いなく落とされてしまうでしょう。

 

意識するべきなのは、以下の3点です。

 

  • 何がしたいのか?
  • 何ができるのか?
  • なぜ、この病院を選んだのか?

 

つまり、自分の目的や能力を最初に伝えて、それが貴院の力になれますよと繋げるわけです。こうすれば必然性のある志望動機となるので、採用担当者からの印象が良くなります。

 

具体的には、以下のようになります。

 

「以前から、小児科の仕事に興味を持っておりました。前病院では内科病棟に勤務しており、幅広い年齢層の患者さんとコミュニケーションを取っていました。なので、小さな子供との意思疎通にも活かせると考えております。貴院の募集内容を見たところ、私の経験が生かせると感じましたので志望させていただきました。」

 

非常に説得力のある志望理由になりましたよね。これだと、採用担当者の心に響きやすいと思います。

 

 

自己PRでのアピールが足りない

 

志望動機の次に重要な要素として、自己PRがありますね。志望動機が完璧だったとしても、自己PRのアピールが足りなければ選考で落とされるかもしれません。自分の人間性が分かるように、積極的にアピールしましょう。

 

自己PRの書き方としては、自分の長所や実績などを具体的なエピソードを交えて紹介するということが大切です。だから、長所や実績などを箇条書きにするだけでは、効果的なアピールとは言えません。

 

「前病院では、明るく患者さんと接することを心掛けていました。すると、すぐに名前を覚えてもらえるようになり、患者さんから話しかけてくれる機会も増えました。ですので、採用頂けた際には、自分のコミュニケーション能力を生かして、患者さんと密な信頼関係を築いていきたいと思います。」

 

上のような例だと、エピソードを交えて長所を説明できていますよね。さらに、これからの抱負も伝えているので、自己PRとしては上出来だと思います。

 

自分の過去の経験などを思い出して、能力や人間性をアピールできるように工夫してください。

 

 

空欄の項目がある

 

履歴書は、自分をアピールするためのプレゼン資料です。なので、そこに空欄があると、自己主張が弱い人間だと思われてしまいます。マイナスになることはあっても、プラスになることはありません。だから、必ず何かしらを記入するようにしてください。

 

採用担当者は、空欄を見ても記入漏れなのか、書くことが無いのかを判別することは出来ません。ですから、どうしても書くことが無い場合は、「特になし」と記入するようにしましょう。ただ、これは苦肉の策なので、基本的には何かを書く必要があります。

 

履歴書を購入するときに、項目を確認することが大切ですね。実は、履歴書はメーカーによって、項目の内容が全く違います。なので、購入する前に、すべての項目が埋められるかを確認した方が良いでしょう。

 

書類選考はテストと同じですから、少しでも加点されるようにすべての項目を埋める努力が必要です。

 

 

写真写りが悪い

 

意外と見落としがちなのが、写真に関してです。書類選考の時点では本人に会えないため、採用担当者は写真で見た目の印象を判断します。ですから、身だしなみを整えて綺麗に撮った写真の方が好印象を与えやすいわけです。

 

できれば、駅前に置いてある証明写真機などよりも、プロのフォトスタジオで撮ってもらうことをおススメします。最近では、証明写真の専用コースを設けているフォトスタジオが増えており、ヘアメイクなどがセットになっていたりします。少し値段が高くなりますが、それだけで印象がガラリと変わるので損は無いでしょう。

 

また、写真を貼り付けるときには、裏に名前を書いておいてください。万が一、剥がれてしまった時に、誰の写真なのかを判別できるようにするためです。こういった心遣いができることで、印象は大きく変わりますね。

 

 

誤字脱字が目立つ

 

履歴書に誤字脱字が多いと、注意力が足りない人間だと思われてしまいます。特に、看護師は人の命を扱う仕事ですから、こういった所を細かくチェックする採用担当者も多いです。なので、何度も読み返して間違いが無いかを確認しておいてください。

 

もしも間違いに気付いたら、新しい用紙に書き直しましょう。修正液や訂正印などを使用する人もいますが、それはマナー違反となります。厳しい担当者だと、修正がある時点で不採用になることもあります。

 

これからお世話になるかもしれない病院ですから、失礼の無いように間違いの無い履歴書を送付すようにしてください。

 

 

宛名が間違っている

 

履歴書を送付する場合は封筒を使用しますが、その時に宛名には注意しましょう。企業名や担当者名は、住所よりも大きな文字で書きます。宛先が部署の場合には、「御中」を最後に付けます。そして、担当者がいる場合は、担当者名の後に「様」を付けるのが正解です。ここで誤字や脱字があると、かなり失礼な印象となってしまいますから注意してください。

 

また、封筒が汚れたりするのも、イメージが悪いですね。ボールペンのインクが付いてしまったり、宛名が滲んだりしないようにしましょう。

 

 

 

以上、ダメな履歴書に共通するパターンを紹介しました。転職活動における第一印象を決める書類ですから、とにかく丁寧に書くことを心掛けてください。適切に自分をアピールできれば、書類選考で不採用になることは無いはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース