ブランクがある看護師でも復職できる?潜在看護師の復帰に関するポイント

ブランクがある看護師でも復職できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師は、女性が多い職場です。なので、結婚や出産を機会として、休職や離職をするケースが多いですよね。しかし、子育てが落ち着いてくると、また看護師として復職を考える人もかなりいるようです。苦労して取得した看護師の資格ですし、やりがいのある仕事なので現場に戻りたいという考える人もいます。

 

2014年の求人倍率は1.12倍となっていて、仕事を探すのは難しくない状態です。しかし、条件の良い求人となると数が限られますから、まだまだ買い手市場からは抜け出していないですね。ですから、再就職をするのは難しいと考える人もいるでしょう。

 

なので、ここでは看護師の復職について解説をします。

 

看護師業界は売り手市場

 

先述したように、一般的な雇用状況は買い手市場なので依然として厳しい状態です。でも、看護師に限っては、これは当てはまりません。長年、看護師不足が問題になっていますし、何処の医療機関でもブランクのある看護師を積極的に採用する傾向にあります。

 

離職状態にある看護師を「潜在看護師」と呼びますが、人材不足を解消するために潜在看護師の採用が重要だと考えている病院が多いわけです。だから、数年間のブランクがあったとしても、復職で不利になることは無いでしょう。

 

また、育児や家事と両立できるように、福利厚生を充実させている病院も増えています。たとえば、24時間体制の院内保育所を設置したり、勤務時間を調整できるフレックスタイムを導入したりといったことです。

 

さらに、夜勤をするほどの余裕が無いなら、日勤だけの勤務が可能な病院もあります。訪問看護ステーションや福祉・介護施設、一般企業など、看護師が働ける場所は多いです。

 

小さな子供がいる方でも働きやすい環境があるので、復職しやすい状態といえます。なので、看護師の資格を持っているなら、不安を感じることもありません。

 

 

履歴書を書くときの注意点

 

潜在看護師だと、一度離職しているので中途採用という形となります。だから、履歴書を作成するときには、離職理由と復職理由を明確にしておきましょう。採用担当者が気にするのは、「前職をなぜ辞めたのか」と「なぜ復職したいのか」という点です。

 

結婚や出産などやむを得ない事情なら良いですが、人間関係や待遇などネガティブな理由で退職している人だと敬遠される場合があります。後ろ向きな理由で退職した人は、何度も転職を繰り返すと思われがちです。

 

ですから、ポジティブな理由を記入するべきですね。仕事への前向きな姿勢を示すことができれば、内定をもらうことは難しくないはずです。

 

また、未経験の診療科目に応募するときには、志望動機に注意が必要となります。「なぜ志望したのか」ということを詳しく追及されると思うので、将来の目標や目的と絡めて記述するようにしてください。

 

説得力の高い志望理由を書くことができれば、書類選考での通過率も高くなるはずです。

 

 

復職の前にやっておくべき事

 

看護師の仕事を辞めて長い場合、看護技術のおさらいをしておきましょう。現場から長く離れていると、仕事のカンを忘れてしまっています。また、医療の技術も進歩しているので、過去とは状況が変わっていることも多いです。

 

なので、「看護職復職支援研修」を受けることをおススメします。これは、全国の看護協会や福祉保健局が主体として行っている研修で、ブランクのある看護師のために看護技術や知識を教えてくれる場所です。

 

採血や注射の実習や最新医療に関する講義を、7〜10日間に渡って受けることができます。無料ですから、必ず利用してください。保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を持っている人なら、誰でも受講可能です。

 

復職先が大きな病院なら、独自の研修を設けている場合もありますね。復帰後に即戦力として活躍できるように、十分な準備をしておいてください。

 

 

看護師として復帰するときの心構え

 

看護師は、離職期間が3年以上あると、一から勉強し直さなくてはいけないと言われています。医療技術の進歩は早いですから、昔の知識では通用しないことが多いわけです。かつては第一線でバリバリ働いていたとしても、一度離れてしまったら新人と同じ気持ちで頑張らないといけません。

 

中途半端にキャリアがある人ほど、つまらないプライドを持ってしまいがちです。それだと、周りの同僚や医師との連携が難しくなるので、初心に帰って仕事に取り組むようにしてください。時には、年下の人間から教わる機会もあると思いますし、積極的に吸収する気持ちを持っておきましょう。

 

 

復帰する職場を探すときのポイント

 

「ブランクOK」と明記している

 

求人票に「ブランクOK」と記載されている病院を選ぶと、受け入れ態勢が整っている証拠です。新人看護師と同じように扱ってくれますから、数年間のブランクがあっても問題なく対応できるようになるでしょう。

 

潜在看護師の受け入れ態勢が無い病院だと、いきなり現場に出される可能性もあります。それだと、何も対応できなくなってしまいますし、大きな事故に繋がるかもしれません。そういったリスクを減らすためにも、求人票の記載を確認することは大切です。

 

 

教育制度が整っている病院

 

都心部の大きな病院だと、充実した教育制度を持っていることが多いです。たとえば、プリセプター制度やクリニカルラダー制度のようなものですね。こういった制度があると、ブランクがあっても無理なく学ぶことができます。

 

事前に復職支援研修を受けていても、実際に現場に出ると戸惑ってしまいますよね。しかし、教育のための制度が整っていれば、現場で使えるスキルを身に付けることができるわけです。短期間で一人前になれますから、今までの遅れを取り戻すことができるでしょう。

 

 

非正規雇用から始める

 

ブランクが長いと、いきなり正職員として働くのに不安を感じる人がいます。確かに、仕事のカンを取り戻すのには時間が掛かるでしょうから、責任の重い仕事を任せられるとプレッシャーが掛かりますよね。

 

そういった場合には、パートやアルバイトの看護師派遣の看護師として働くのがおススメです。非正規雇用であれば重要な仕事は任されませんし、時間の制約も少なくて済みます。これでしばらく働くことで、徐々に仕事に慣れていくことができるわけです。

 

 

緊急性の低い職場を選ぶ

 

急性期病棟などでは、重篤で緊急性の高い患者さんを扱います。こういった現場だと、ブランク空けの看護師は大変です。周りのスタッフも余裕がありませんから、満足な教育すら受けられない可能性があります。これだといつまで経っても、仕事に慣れることができません。

 

なので、外来や介護福祉施設など、緊急性の低い職場を選ぶことをおススメします。これなら余裕を持って働くことができますし、周りの職員の指導を受けてスキルを学ぶことができるはずです。ここで経験を積めば、数年後に転職してキャリアアップすることもできるでしょう。

 

 

 

以上、ブランクがある看護師の復職について解説をしました。看護師の資格を持っていれば復職先は見つかると思いますが、内定後の心構えが重要だということです。しっかりと戦力として活躍できるように、学ぶ気持ちを忘れないようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース