看護師免許の更新・再発行手続きについて

看護師免許の更新・再発行手続きについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職活動をするときに、必要な書類は履歴書と職務経歴書だけだと思われがちです。しかし、看護師の場合には、看護師免許が必須となります。多くの場合、面接のときに原本かコピーの提出を求められるので、いつでも提出できるようにしておきましょう。

 

注意したいのは、結婚によって氏名や本籍地が変わっているときです。この場合だと、免許証の更新手続きが必要になるので、転職活動をする前に手続きを完了しておいてください。また、言うまでもなく、紛失した時には再発行の手続きが必要となります。

 

ここでは、看護師免許の更新と再交付手続きについて解説します。

 

看護師免許の更新手続き

 

引越しや結婚をすると、本籍地や名前が変更になることがありますよね。そのまま放置していると、看護師免許が無効になってしまいます。原則的には、本籍や名前の変更後、30日以内に手続きをしなければいけません。(30日以降でも更新可能ですが、遅延理由書などの提出が必要になります)

 

最寄りの保健所で手続き可能なので、早めに行くようにしましょう。後回しにすると忘れてしまいますから、すぐに片づけてしまった方が良いです。

 

■必要書類

  • 看護師免許証
  • 戸籍謄本(発行から6か月以内のもの)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 収入印紙(1,000円)

 

 

看護師免許の再発行手続き

 

看護師免許を破損・紛失してしまったら、再交付の手続きをしましょう。更新手続きと同じように、最寄りの保健所で手続きが可能です。ただ、新しく発行されるまでに、2〜3カ月も掛かってしまいます。なので、早めに手続きをすることが大切ですね。

 

■必要書類

  • 住民票(本籍が記載されているもので、発行から6か月以内)
  • 破損した免許証(紛失の場合は無くても良い)
  • 本人確認ができる書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 切手(郵送の時に必要)
  • 収入印紙(3,100円)

 

万が一、再発行後に紛失した看護師免許を発見した場合には、5日以内に保健所に返納しなくてはいけません。

 

 

業務従事者届について

 

忘れてはいけないのが、「業務従事者届」と呼ばれるものです。これは、保健師助産師看護師法で規定されているもので、看護師として働いている人は2年ごとに都道府県知事に就業状況を届出する必要があります。

 

なぜかというと、国が看護師の就業状況を把握して、指導監督や需給バランスの調整をするために必要だからです。違反者には、50万円以下の罰金という厳しい罰則があります。なので、全国の福祉保健局で「業務従事者届」を出すようにしましょう。届出する内容としては、氏名や免許の種別、登録番号、就業場所などについてです。

 

ただ、これは看護師として働いている人のみなので、職に就いていない場合には届出の必要はありません。

 

 

 

以上、看護師免許の各種手続きについて解説しました。看護師の資格を証明する大切なものですから、いつでも提出できるように準備しておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース