看護師の履歴書の書き方の基本

看護師の履歴書の書き方の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加  

どこの病院でも看護師が足りていないので、転職先を見つけるのは難しくないでしょう。しかし、今よりも条件の良い施設に転職するなら、高い競争率を勝ち上がる必要があります。好条件の求人には応募者も殺到するので、周りの人と差を付けられるようにしてください。

 

まずは、最初の難関として書類選考があります。これをパスしないと面接へ進むことができませんから、慎重に書類を作成するようにしましょう。ここでは履歴書の書き方について解説をします。

 

ちゃんとマナーを心得ていないと、常識の無い人間だと思われるので注意してください。

 

履歴書のマナーを知る

 

人気の求人へ応募した場合、書類選考の時点で多くが落とされてしまうようです。なので、担当者の印象に残る履歴書を作成しなければいけません。最近は、パソコンで履歴書を作成する人が増えているようですが、指示が無ければ手書きで書くのがマナーです。

 

手書きの方が、その人の性格や人柄が表れるので、自分をアピールすることができます。なので、丁寧な文字で書くことを心掛けてください。

 

 

また、郵送で送付する場合には、添え状を忘れないようにしましょう。添え状とは、簡単なあいさつ文を記載して同封する書類のことです。決められたフォーマットはありませんので、自由に作成します。ネットで調べるとテンプレートが出てくるので、それを使用しても良いですね。

 

封筒はA4サイズのものを使用して、書類が曲がらないようにしてください。そして、封筒に直接入れるのではなくて、クリアファイルに挟んでから入れます。こうすれば、雨が降ったとしても濡れることがありません。

 

このような心遣いが重要となるので、覚えておきましょう。

 

 

基本情報の書き方

 

履歴書は二つ折りになっているのが一般的で、左半分には氏名や住所などの基本情報を入力します。ここは普通に記入すれば問題ないのですが、特有のルールなどがあるので気を付けましょう。

 

日付

基本的に、日付は和暦で書くのがマナーとなっています。「平成○○年○月○日」という感じですね。郵送で送る場合には送付日を、面接に持参する場合には面接日を書くようにしましょう。いつの日付かで迷う人が多いので、覚えておいてください。

 

氏名

自分の名前は、一番大きな文字で書きます。分かりやすく、丁寧に記入してください。振り仮名に関しては、「ふりがな」と書いてあれば平仮名で、「フリガナ」と書いてあればカタカナで書くのがマナーです。

 

印鑑

これを忘れる人が多いので、必ず覚えておきましょう。氏名の横に、印鑑を押印します。シャチハタは不可ですから、キレイにまっすぐ押印してください。

 

生年月日・年齢

生年月日に関しても、和暦で書くのがマナーです。「昭和」「平成」など、省略せずに書くようにしてください。また、年齢については、記入した日付の満年齢を記入します。

 

住所

都道府県から部屋番号まで、省略せずに記入してください。マンション名を省略する人がいますが、これはマナー違反ですから気を付けましょう。漢字の部分には振り仮名が必要ですから、忘れないことが大切です。

 

電話番号

合否の連絡を電話で行う場合があるので、自分が出られる番号を記入します。できれば、携帯電話の番号が望ましいですね。電話がつながりやすい時間帯を明記しておくと、非常に親切だと思います。

 

学歴

学校名は、正式名称を記入しましょう。学部や学科名なども、省略しないでください。また、退学や休学をした経験があれば、理由などを書いておくことが望ましいです。

 

職歴

病院の職歴は、「入職・異動・退職」という表記をします。また、退職をしたときは、「一身上の都合により退職」、在職中なら「現在に至る」と記入しましょう。学歴と同じように、病院名や部署は正式名称で書いてください。

 

 

スキルやアピールポイントの書き方

 

履歴書の左半分は基本情報ですが、右半分には持っている資格や志望動機、自己PRなどを記入します。履歴書の内容で差が付くのは、ここの部分ですね。仕事に対する意欲や将来の目標など、評価に直結するポイントとなります。なので、しっかりと考えて書くようにしてください。

 

賞罰

社会人になってからの公的な受賞経験や犯罪行為などがあれば、賞罰として記入します。賞罰の欄が無い場合には、職歴の余った部分に書くのが一般的ですね。国や都道府県庁の表彰があれば、記入をしましょう。何も受賞経験が無いなら、「特になし」と記載すれば問題ありません。

 

免許・資格

取得日が古いものから、時系列で記入してください。看護師免許以外にも、自動車運転免許なども記載できます。取得年月日を間違えないように注意が必要ですね。業務に関係ない資格は、自己PRの欄などに書きましょう。

 

志望動機

履歴書の中で、最も重要な部分ですね。自分のやりたいことや得意なことと、応募先の特徴が一致する理由を書くことが望ましいです。採用担当者が知りたいのは、「なぜウチに応募したのか?」という理由です。なので、納得できる理由が無くてはいけません。

 

「祖母を糖尿病で亡くしてから、この病気について自分なりに勉強を続けてまいりました。将来的には糖尿病看護の認定看護師を目指したいと思っており、この分野で実績の高い貴院を志望させていただきました。」

 

こういった志望理由だと、自分のやりたいことと応募先の特徴が一致していますよね。説得力の高い理由となっているので、担当者から見ても納得しやすいでしょう。「看護師の志望動機を書く5つのポイント」も、参考にしてみてください。

 

自己PR

志望動機に次いで重要なのが、自己PRについてですね。自己PRは単体で考えるのではなくて、志望動機と連動させるようにしましょう。一貫性のある自己PRを書くことができれば、一目置かれる履歴書となるはずです。

 

「何かを学ぶことが好きなので、積極的に知識を吸収することには自信があります。また、糖尿病看護の認定看護師になるという夢があるので、ハードな仕事内容にも耐えられると思っております。採用頂けるなら、与えられた仕事は完璧にしたいと思います。」

 

志望動機で語った内容にも触れ、これからの意気込みを語っていますよね。こういった自己PRができれば、採用担当者からも期待もアップするはずです。

 

本人希望欄

応募先に何か要望があるなら、希望欄に書いてください。希望の職種や勤務地、入社日などの要望が一般的ですね。また、パートやアルバイトであれば、勤務できる時間帯なども書いておきましょう。

 

ただ、具体的な要望は面接でも聞かれるはずなので、履歴書に多くを書かないようにしてください。要望が多すぎると、敬遠される場合があります。

 

 

 

以上、履歴書の基本的な書き方を紹介しました。書類選考は転職活動の最初の関門となるので、確実に突破できるように丁寧に資料を作成してください。ここで手を抜くと良い転職はできませんから、意識をすることが大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース