看護師の志望動機を書くときの5つのポイントとは?

看護師の志望動機を書くときの5つのポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

採用担当者が履歴書を見るときに、最も注目するのが志望理由についてです。看護師はニーズの高い専門職ですが、熱意の感じられない志望動機だと内定がもらえない可能性があります。だから、時間をかけて考え抜いて記入しないといけません。

 

でも、具体的に何を書けばいいのか分からない場合もあると思います。そこで、採用担当者の心に響きやすい志望動機の書き方を紹介します。見せ方を少し工夫するだけでも、周りの応募者と差をつける履歴書が作れるはずです。

 

書類選考の通過率もアップするはずなので、参考にしてみてください。

 

志望動機を書くときの5つのポイント

 

何を書こうか迷った時には、以下の5つのポイントを意識しましょう。そうすることで、自分が書くべき内容が見えてくるはずです。

 

  • 応募する病院の情報を集める
  • 自分ができる業務内容を整理する
  • どんな看護をしたいか
  • 新しく身に付けたいスキルは何か
  • 自分の目的と志望病院の特色の共通点を探す

 

上記のプロセスを踏めば、非常に説得力のある志望理由を書くことができます。

 

 

応募する病院の情報を集める

 

まず、これから応募する病院に関して、出来るかぎりの情報を集めてください。ホームページやパンフレットを見たり、ネットの口コミなどを調べるのも良いでしょう。そうすれば、その病院の強みや特徴を知ることができます。

 

 

自分ができる業務内容を整理する

 

過去の今までの経験から、自分ができる業務を見つめ直します。得意な業務や苦手な業務があるはずなので、それらを整理してみてください。自分の強みや弱みが分かってくるので、アピールポイントを見つけるのに役立ちます。

 

 

どんな看護をしたいか

 

これから看護をしていくうえで、意識するべきポイントですね。自分の行動指針といっても良いかもしれません。たとえば、「患者さんとの繋がりを大切にしたい」とか、「最新の医療技術を積極的に吸収したい」などということです。仕事に対する熱意を示す部分ですから、かなり大切だといえます。

 

 

新しく身に付けたいスキルは何か

 

自分が興味のある技術やこれから習得したいスキルを考えます。仕事に対する目的となるもので、向上心の高さを示すために有効です。注意したいのは、志望病院で身に付けられるものを見つけることですね。応募した理由と繋がりますから、重要だといえます。

 

 

自分の目的と志望病院の特色の共通点を探す

 

上で考えた、「自分ができる業務内容」「どんな看護をしたいか」「新しく身に付けたいスキル」などと、その志望病院の特徴との間に共通点が無いかを見つけます。これをすることで、志望動機に一貫性が生まれるので、説得力が高くなります。

 

「私は、○○の看護がしたいと思っています。そのため、○○について学べる貴院へ応募しました。」

 

こういった流れの理由を語ることができれば、採用担当者の心に響きやすくなると思います。

 

 

ケース別の志望動機のサンプル

 

新卒看護師の場合

 

「私は子供のころに入院した経験があり、その時から看護師になりたいと思うようになりました。昔から子供が大好きなので、小児科病棟での看護に興味があります。そのため、小児科の設備が整っている貴院で学びたいと考え、志望させていただきました。」

 

新卒の看護師だと、アピールできるスキルを持っていません。なので、自分のやりたいことを前面に押し出した志望動機が有効ですね。若さと熱意をアピールして、将来の目標などを語るようにしましょう。

 

 

同じ科目への転職の場合

 

「以前の職場では、産婦人科のナースとして働いていました。女性として産婦人科での仕事に誇りを持っており、将来的には不妊症看護の認定看護師を目指しています。ただ、以前の職場だと人材不足から患者さんと密なコミュニケーションが取れないでいました。そこで、人の繋がりを重視している貴院の理念に共感し、志望させていただきました。女性の気持ちに立った看護には自信がありますので、精いっぱい頑張りたいと思います。」

 

以前と同じ科目へ転職するなら、退職理由と自分のスキルを明確にしないといけません。「なぜ、前の職場を辞めたのか」や「どんなスキルを発揮できるのか」をクリアに出来れば、即戦力として期待されるはずです。

 

 

未経験の科目への転職の場合

 

「5年前に祖父を脳卒中で亡くしてから、脳神経外科への興味を持っていました。以前は小児科でナースをしていたので畑違いとなりますが、持ち前のコミュニケーション能力を生かせると思っております。症例数の多い貴院で経験を積みたいのでよろしくお願いいたします。」

 

未経験の科目へ転職する場合だと、自分のスキルのアピール方法が大切です。中途採用には即戦力が求められますが、即座に活躍できる能力を訴求できるように工夫をしましょう。

 

 

ブランクから復職する場合

 

「看護学校を卒業してから5年間、総合病院で内科のナースをしておりました。それから出産のため退職し、3年間のブランクがあります。多少の不安もありますが、看護研修も受けており通常の業務には支障が無いと思っています。」

 

数年間のブランクがあると、仕事のカンを忘れているかもしれません。なので、事前に看護研修などを受けておくのが良いですね。潜在看護師の採用に力を入れている病院は多いので、少しブランクのある看護師でも問題は無いでしょう。

 

 

 

以上、看護師の志望動機の書き方を紹介しました。一貫性があって説得力の高い理由があると、採用される可能性は大幅にアップします。条件の良い求人は競争率が高いですから、履歴書の内容で差を付けられるようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース