看護師の職務経歴書の基本的な書き方とは?

看護師の職務経歴書の基本的な書き方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職活動の書類審査においては、2種類の書類が必要となります。それは、「履歴書」と「職務経歴書」の2つですね。履歴書とは、過去の学歴や経歴を簡潔にまとめたものです。一方、職務経歴書は、過去の職歴を詳しく記入したものになります。

 

新卒の就職活動しか経験が無ければ、職務経歴書の書き方を知らないことが多いですね。そこで、ここでは職務経歴書について紹介をします。自己PRの際に重要な書類ですから、抜かりの無いようにしましょう。

 

また、「履歴書の書き方の基本」も参考にしてください。

 

職務経歴書に書く項目について

 

履歴書と違って、職務経歴書には決まったフォーマットがありません。なので、比較的自由に書くことができますが、最低限押さえておくポイントを紹介します。以下の3つのポイントを知っておきましょう。

 

  • 過去の経歴とその内容
  • 持っている資格
  • 自己PR

 

上の3つを満たしていれば、必要な要件を満たすことができます。

 

 

過去の経歴とその内容

 

ここでは、過去に努めていた職場の会社名や部署名、職種や雇用期間などを記入します。医療機関なら、病床数や従業員の規模なども書いてください。そして、そこでの職務内容や実績などについても箇条書きで分かりやすく書きます。

 

この内容で即戦力かどうか判断されるので、出来るかぎり詳しく記述するべきですね。また、看護業務以外の仕事内容も、アピールポイントとしては重要です。なので、細かく書いていきましょう。

 

 

持っている資格

 

現在、取得している資格や免許を古いものから順番に書きます。名前を省略したりしないで、正式名称で記入してください。また、取得年月日も間違えないようにしてください。

 

医療機関では、看護師免許以外にも求められる資格があります。たとえば、パソコンのスキルや語学力などです。最近だと電子カルテを導入している病院も多いですし、エクセルなどで記録を取る機会なども頻繁にあります。

 

さらに、外国人の患者が多い地域では、簡単な英会話ができるとアピールポイントになりますね。ですから、パソコン検定やTOEICなどの成績も記入すると良いでしょう。

 

 

自己PR

 

履歴書にて自己PRを書きますが、職務経歴書でも自己PRをすることができます。この違いに関しては、履歴書は「自分の性格や人間性にフォーカスしたアピール」をして、職務経歴書では「過去の経歴を踏まえたアピール」を行います。

 

似ているようですが、微妙に違いますよね。なので、「○○の経験があるので、その分野に関しては自信があります」といったアピールが、職務経歴書での自己PRとなります。

 

 

職務経歴書を書くときの注意点

 

ネットで検索をすれば、職務経歴書のテンプレートが大量にあるはずです。なので、自分の好きなものを選んで記入しましょう。上記で説明したとおりに記入すれば問題ないですが、細かなルールがあるので覚えておいてください。

 

まず、「私」や「僕」などの一人称は使いません。客観的な事実だけを書くのがルールなので、一人称は入れないようにしましょう。また、箇条書きで事実を羅列することも大切です。ダラダラと長い文章だと、読みづらくなってしまいます。

 

あとは、間違えても修正液は使わないことですね。誤字脱字があったら、新しい用紙に書き直すようにしてください。ただ、履歴書は手書きがマナーですが、職務経歴書はパソコンで作成すのが一般的です。なので、応募先の条件によって合わせるようにしてください。

 

 

 

以上、職務経歴書の書き方について解説をしました。転職活動において重要な書類ですから、不備の無いようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース