看護師が転職することにおけるリスクとは?

看護師が転職することにおけるリスクとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

離職率の高い看護師の仕事なので、他の職場へ転職を考えている看護師は少なくないでしょう。仕事が辛かったり、人間関係が嫌だったりと理由は様々ですね。しかし、職場を変えたとしても、また何かしらの問題が起きてしまうことがあります。

 

新しい場所へ飛び込むわけですから、そこには必ずリスクが存在しています。ですから、何の心の準備もしていなければ、面食らってしまうかもしれません。なので、転職をするときには、よく考えてから行動をしてください。

 

ここでは、転職におけるリスクを紹介します。

 

溶け込むのに時間が掛かる

 

看護師の仕事は、女性が多い世界となります。なので、複数の派閥に分かれていていたり、人間関係が複雑になっている場合があります。コミュニケーションが上手な人だと問題ないですが、あまり人と接することが得意でなければ馴染むのに時間が掛かってしまうことがありますね。

 

グループが出来上がっている所に入っていくわけですから、最初の方は苦労をすると思います。なので、マメにコミュニケーションを取って、既存の職員と打ち解けられるように工夫をしましょう。

 

また、リーダー格の看護師に目を付けられると、いじめや嫌がらせをされてしまうことがあるかもしれません。それだと、仕事に集中することができませんから、長く勤めることが難しくなったりします。

 

看護師の中には、人間関係が嫌で転職をする人は多いです。でも、そんな状態だと何度も転職を繰り返すことになりますから、頑張ってコミュニケーションを取れるように努力をする必要があります。だから、積極的に既存の職員に話しかけるようにしてください。

 

 

過剰な期待を掛けられる

 

中途採用で入職をすると、即戦力としての活躍が期待されます。特に、看護の現場は忙しいですから、十分な指導が受けられずに仕事に出ることも多いです。だから、基礎的なスキルを持っていなければ、最初は苦労するかもしれません。

 

質問をしても、「こんなことも分からないの?」という反応をされる時があります。でも、ちゃんと確認をしないと事故に繋がる可能性があるので、分からないことは何度も質問することが大切だといえるでしょう。

 

特に、キャリアが長い人や管理職として入職した人だと、周りからの期待も大きくなります。かなりのプレッシャーが掛かってしまうので、それは覚悟しておいた方が良いでしょう。なので、面接の際に出来ることと出来ないことを明確に伝えておくべきですね。

 

必要以上に期待値が上がっても、あまりメリットはありません。また、長年の経験があったとしても、職場が変わるとルールも異なる場合が多いです。ですから、過剰な期待が掛けられないように、面接で大きなことは言わないことが大切かもしれません。

 

 

職場によって勝手が異なる

 

同じ診療科目だったとしても、病院が変わると仕事のルールが全く違うという場合があります。その職場独自の専門用語や作業フローがあったりするので、初めてだと対応できない場面が多いわけですね。

 

また、先述したように、中途採用だと過剰な期待を掛けられることがあります。慣れない環境で本来の力を発揮できないなら、周りからの評価も下がってしまいがちです。なので、少しでも早く職場に馴染めるように、独特のルールなどを理解するようにしましょう。

 

一度ルールを理解してしまえば、後はスムーズに仕事ができるようになるはずです。最初の数か月は覚えることが多くて大変だと思いますが、慣れるまでは頑張ってください。

 

 

独特の雰囲気がある

 

その病院の方針によって、職場の雰囲気やカラーが全く異なります。たとえば、売り上げ重視の病院であれば、とにかくスピード感を持って効率よく患者を回すことが求められますね。しっかりと患者さんと向き合って看護がしたい人には、合わないかもしれません。

 

また、体育会系で上下関係が厳しい職場もあれば、実力重視で年功序列が無い職場もあったりします。今までの常識が通用しないことも多々ありますから、最初のうちは戸惑ってしまうことが多いかもしれませんね。

 

こういった職場の雰囲気は、外部からは調べることができません。入職して初めて気が付くものですので、自分に合っているかどうかは分からないわけです。頭の中で描く理想とかけ離れてしまっていることもありますから、応募前に病院へ行ってみたり説明会に参加したりしてイメージを掴んでおくことが大切だと言えるでしょう。

 

 

教育制度が整っていないことがある

 

首都圏の総合病院などでは、充実した教育制度が整っている場合が多いです。しかし、地方の病院などであれば、十分な教育が受けられないことがあります。簡単なマニュアルを渡されただけで業務に入ることもありますし、キャリアの浅い新人は苦労するかもしれません。

 

人手が少ない病院ほど、教育制度が整っていない場合が多いですね。ですから、自分なりに創意工夫をして仕事をする必要がありますし、分からないことは積極的に質問をしないといけません。

 

プラスに考えれば自由に働ける環境だといえますが、慣れないうちは不安になってしまいますよね。なので、自分のスキルに自信が無い人は、面接のときに教育制度について確認をするようにしてください。

 

 

 

以上、転職におけるリスクを紹介しました。最も大切なことは、自分に合っている職場を見つけることですね。入職して数か月は慣れない環境で大変だと思うので、一刻も早く馴染むことができるように努力をすることが大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース