意外と知らない看護師の転職の現実について

意外と知らない看護師の転職の現実について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職を考えている看護師の方は、次の職場に対して大きな期待を持っていると思います。今よりも給料が高くて待遇の良い職場であったり、新しい土地での生活を考えるとワクワクした気持ちになりますよね。

 

しかし、淡い期待を持って転職をしたとしても、それが裏切られてしまう場合があります。実際のところ、転職によって年収をアップさせたり、待遇を良くすることは簡単ではないからですね。なので、過剰な期待はしないようにしましょう。

 

ここでは、転職の現実を紹介します。

 

年収のアップは難しい

 

今の給料に満足できずに、転職を考える人は多いはずです。看護師の仕事は夜勤や残業手当が付くので、一般の仕事よりも高収入となります。でも、仕事量の割に給料が安いと感じる人もいるので、年収アップを目指して転職を考える人は少なくありません。

 

ただ、病院が中途採用で人材を募集するのは、退職者の穴埋めであることがほとんどです。なので、前の担当者よりも給料が高くなることは少ないといえます。よほどのキャリアや資格を持っていない限り、転職直後に年収をアップさせるのは難しいでしょう。

 

また、看護師は離職率の高いのが特徴ですから、最初から高めの給料にしないことが通常です。すぐに辞められてしまったら無駄になってしまうので、数年間は勤めないと給料がアップすることはありません。

 

こういった理由から、年収のアップを目的とした転職は難しいといえます。もちろん、順調にキャリアを積み重ねれば、それに比例して収入は高くなっていくでしょう。しかし、転職してすぐに高い報酬を期待するのはやめた方が良いと思いますね。

 

 

好条件の求人に期待してはいけない

 

転職サイトなどで求人を検索してみると、「年収800万円以上」とか「転職祝い金30万円」といった表記を見かけることがあります。かなり好条件なので、応募してみたくなりますよね。でも、ちょっと待ってください!

 

このような好条件を謳う求人の場合、裏があることがほとんどです。たとえば、夜勤や残業をフルでこなした時だけの年収を記載していたり、管理職以上の役職に限定した待遇だったりするわけです。

 

なので、誰でも好条件で採用するという意味ではないということですね。大抵の場合は、厳しい基準をクリアした一部の人材にしか適用されません。悪質なケースだと、全く嘘の内容を求人に記述していることもあるようです。

 

こういった被害に遭わないためにも、応募する前に電話で内容を確認するようにしてください。内定後に気が付いても遅いですから、事前に確認をすることが大切ですね。

 

 

Uターン転職は楽ではない

 

仕事のために地方から首都圏に出てきて、また地元に戻って仕事を探したいと考えている人は多いと思います。都会の慌ただしさから解放されて、慣れ親しんだ地元でのんびり働きたいと考えるわけですね。地方だと家賃相場も安いので、生活も楽になると考えているかもしれません。

 

こういったUターン転職は、雑誌でも取り上げられるほどに人気があります。でも、地方で生活をするというのは、想像しているよりも過酷だという現実があります。

 

まず、そもそも地方だと求人数が少ないのがネックですね。首都圏よりも病院の数が少ないですし、求められる人材の絶対数も限られています。看護師は職に困ら無い資格だと言われていますが、地域によっては転職が難しい場合があるかもしれません。

 

そして、地方だと給料が少ないという問題もあります。首都圏と地方の看護師の給料を比較すると、100万円以上も差があることもあるようです。地方では家賃相場が安いですが、それ以外の物価は首都圏と同じレベルとなっています。だから、Uターン転職をしたとしても、生活が楽になるとは限らないわけですね。

 

 

未経験のジャンルへの転職は難しい

 

今の診療科目が自分に合わないときに、他の科目への転職を考えると思います。また、病院やクリニックから、訪問看護ステーションやデイサービスなどの異業種への転職を考えるかもしれません。

 

今までと違う分野へ飛び込むことは悪い選択ではありませんが、転職となると難しいと思った方が良いでしょう。基本的に、中途採用では即戦力が求められます。なので、未経験の分野に転職をする場合、敬遠されることが多いです。

 

教育のためのコストが掛かってしまいますから、未経験を雇うなら新卒を雇った方がマシだと考える職場もあるでしょう。ですから、面接の際には即戦力で活躍できることをアピールする必要があります。

 

今までのキャリアを振り返ってみて、次の職場で生かせるスキルが無いかを考えてください。何かの共通点があれば、違う分野であっても生かすことができますよね。このように、自分のアピールポイントを強調するような工夫が必要だといえます。

 

 

 

以上、転職の現実を紹介しました。転職にもリスクがありますから、ちゃんと理解したうえで行動しないといけません。納得のいく転職ができるように、十分に考えてから求人へ応募するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース