失敗しない看護師の職場選びのコツについて

失敗しない看護師の職場選びのコツについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

今よりも条件の良い職場を求めて転職をしても、またすぐに辞めたくなってしまうことがあります。看護師の資格は就職に強いですから、何度でも転職をすることができるでしょう。しかし、あまりにも転職回数が多くなりすぎるのは問題です。

 

職場選びの基準が間違っていると、短期間で嫌になってしまうわけですね。なので、長期的に働くことができるように、正しい基準を持って求人を探す必要があります。そうすれば、すぐに退職して迷惑を掛けることも無くなるでしょう。

 

ここでは、看護師の職場選びのコツを紹介します。

 

転職先に対する基準を見つける方法

 

職場に対して何を求めるのかは、人によって異なります。だから、「自分は何を求めているか」ということを知っておかないといけません。自分自身のことは意外と分かっていないものですから、しっかりと把握するようにしてください。

 

 

自分の意欲が高まる要因を考える

 

何を満たすことで、仕事に対する意欲が高まるのかを考えてください。給料の高さや職場の知名度、やりがいや学びなど、人によって色々だと思います。自分の意欲が高まる要因が分かったら、それを満たせる職場を探せば良いわけですね。

 

大抵の場合、要因が複数存在しているはずです。なので、それらをバランス良く満たせるように、職場への基準を設けると良いでしょう。

 

 

ストレス要因を解消する

 

今の職場に何かしらのストレスがあるなら、転職によってそれを解消する必要があります。たとえば、長時間労働や人間関係のトラブル、休日出勤などですね。ストレスの少ない職場に転職することができるなら、楽しく仕事をすることができるはずです。

 

現在の職場に対する不満を紙に書き出してみて、視覚化するのが効果的だと思います。ただ、ストレスを完全に無くすことは難しいでしょうから、どこまで許容できるのかを明確にしておくと良いでしょう。

 

 

理想的な環境を考える

 

やむを得ない事情があって、転職を決意する人もいると思います。たとえば、結婚や出産、家族の転勤や親の介護といったことですね。こういった状況であれば、日勤のみや残業なしなどで勤務できること重要となります。

 

なので、仕事とプライベートを両立させるために、仕事に割ける時間を明確にしておきましょう。それによって、正職員やパート、派遣などの最適な雇用形態が分かるはずです。また、手軽に有給を申請できる環境であることも大切ですね。時間の自由度が高いほど望ましいと思いますので、そういった職場を見つけられるようにしましょう。

 

 

職場選びのチェック項目の基本

 

仕事内容

 

病院であれば、どの診療科目に配属されるのかということですね。また、訪問看護ステーションやデイケアセンターなどであれば、どの範囲までが看護師の仕事なのかを確認するべきです。それによって必要とされるスキルも変わってくるので、事前に確認することが大切ですね。

 

 

雇用形態

 

看護師の雇用形態は、たくさんあります。正職員や契約社員、パートなどですね。雇用形態によって待遇も大きく変わってくるので、非常に重要なポイントです。自分のライフスタイルに合わせて雇用形態を選べますから、最適なものを選択すると良いでしょう。

 

 

給与形態

 

看護師の給料は、基本給+諸手当で構成されています。なので、それらの内訳を確認することが大切ですね。基本給はボーナスにも影響しますから、ちゃんとチェックしましょう。そして、諸手当の内容も重要な要素となります。

 

夜勤手当や残業手当の他に、住宅手当や家族手当などが支給されます。これは病院によって異なりますから、どんな手当があるのかは重要な要素ですね。

 

 

労働条件

 

夜勤や休日の日数など、労働に対する条件も確認しましょう。長時間労働が常態化している病院だと、体力的にも相当ハードになってしまいます。ですから、どれくらいのペースでシフトが組まれるかなどはチェックしておくべきです。

 

 

他にも、「求人広告で確認するべきポイント」を参考にすると良いでしょう。

 

 

キャリアアップのための職場選びのコツ

 

看護師としてのキャリアを積むには、専門性を高めることが大切です。特定の分野に対する知識と経験を深めることで、価値の高い看護師になることができます。将来的なキャリアアップを目指して転職をすれば、管理職なども目指せるでしょう。

 

 

自分が成長できるかを意識する

 

転職先を決めるときに、給料や病院のブランドなどの表面的な要素を重視する人がいます。これも間違いではありませんが、そういった表面的な要素は変わることが多いです。たとえば、経営状態が悪くなれば給料が下がることがあります。また、病院で不祥事が起きると、ブランドイメージは悪くなりますよね。

 

それよりも、「自分が成長できるか」ということを重視しましょう。経験を積むために症例数の多い病院を選ぶとか、教育制度が充実している病院を選ぶといったことです。こうすれば自分のスキルを高めることができるので、市場価値の高い看護師になることができます。

 

将来的に転職する際にも、有利な条件で内定をもらうことができるはずです。

 

 

今までのキャリアやスキルを生かす

 

転職をするのであれば、今までのキャリアやスキルを生かせる職場を選ぶべきです。全く別の診療科目や医療施設へ転職を希望する人もいますが、それだと自分の強みを発揮することができません。

 

また、今までのスキルを伸ばすことでキャリアも高くなるわけですから、それを意識して職場を選ぶようにしてください。経験があるなら即戦力として活躍できますし、有利な条件で内定を決めることができるはずです。

 

 

高すぎる理想は持たない

 

転職に対して独自の基準を持つのは良いことですが、それがあまりにも高すぎると失敗しやすくなります。そもそも、すべてにおいて恵まれた条件の職場は、非常に少ないです。また、そういった職場は競争率が激しいので、並のスキルの看護師では採用が非常に難しいですね。

 

キャリアを積んで希少価値の高い看護師になって初めて、より良い条件の職場で働くことができます。なので、それまでは修行だと思って、自分のスキルを磨くことに務めるべきだと言えるでしょう。

 

自分の身の丈に合った職場で働いて、少しずつステップアップすることを心掛けてください。そうすれば、自分のスキルも向上しやすいはずです。

 

 

 

以上、看護師の職場選びのコツを紹介しました。看護師の需要は非常に高いので、選ばなければ職探しは難しくありません。ただ、条件の良い職場は少ないですから、自分なりの基準を作ることで失敗を防ぐことができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース