看護師がブラック病院に転職しないための注意点

看護師がブラック病院に転職しないための注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ニュースや新聞などを見ると、ブラック企業による過労死などの事件を目にすることがありますよね。ブラック企業は社会問題になっているほど深刻で、多くの労働者が過酷な条件で働いているという現状があります。

 

そして、看護師業界でも例外ではありません。若い看護師を大量に採用して、違法な労働や低賃金で使い潰す病院が増えています。ただでさえハードな看護師の仕事ですが、ブラック病院だとそれ以上の労働を強いられるわけです。

 

こういった被害に遭わないためにも、ブラック病院への転職は避けましょう。ここでは、ブラック病院を見分ける方法を紹介します。

 

ブラック病院にありがちな5つの特徴

 

いつも求人広告を出している

 

これは、定番の見分け方ですよね。ブラック病院では、看護師を大量に採用して使い捨てる傾向にあります。なので、常に人が足りていない状態となっており、いつも求人広告を出しているわけです。

 

看護師の転職サイトなどをチェックして、頻繁に広告を出している病院をピックアップしておきましょう。定期的に転職サイトを見る習慣をつけておけば、ブラック病院の目星がついてくるはずです。

 

家の近所に病院がある場合は、実際に訪問してみるのも良いでしょう。ブラック病院では勤続年数が数年未満の人材が大半なので、若い看護師ばかりが目立つはずです。職員の入れ替わりが激しいですから業務が追い付いておらず、多くの外来患者を待たしてしまっているという状況もあります。

 

職員の働き方や雰囲気で多くのことが分かりますから、実際に足を運んでみるのはおススメだと思います。

 

 

異常な高待遇で求人を出している

 

求人広告を見ていると、基本給やボーナスが相場よりも高額な病院が見つかると思います。そういった病院には、十分に注意した方が良いですね。良い条件を提示しているのは、人材を集めるためのエサである可能性が高いです。

 

実際に入職してみると、当初の話と違っていたということも珍しくありません。たとえば、残業手当が支給されたとしても、その分をボーナスから天引きする病院もあります。これは、労働基準法の抜け穴を狙った悪質な方法で、残業手当を出さないのは違法になりますが、ボーナスのカットに違法性は無いからです。

 

また、管理職クラスの給料を一般の看護師の給料として表示していたりなど、求人広告に嘘の記載をしている病院は少なくありません。こういった被害を避けるためには、面接において細かく確認することが大切ですね。

 

待遇面の質問は気が引けると思うかもしれませんが、重要なことですから確認するべきです。労働者の権利ですから、質問しないと損だといえます。安易にすべてを信じてしまうと、騙されることになるので注意してください。

 

 

家族経営をしている

 

個人のクリニックだと、家族経営をしていることも珍しくありません。そういった病院だと、院長の権力が絶対で看護師が意見できない状況になっていることがあります。また、院長夫人がネチネチ文句を言ってきたりするので、人間関係が難しい状況になることもあるわけです。

 

結局は、家族にしかメリットが無いような状況になっているので、一般の看護師は非常に理不尽な立場に立たされます。院長の好き嫌いでエコ贔屓されるのは日常茶飯事ですし、一部の看護師にだけ負担が大きくなったりすることもあるかもしれません。

 

なので、病院のホームページなどをチェックして、組織図などを確認した方が良いでしょう。院長や医師、看護婦長などの名字が同じ場合は、家族経営だと思って間違いありません。すべての家族経営がダメだとは言いませんが、ブラックである可能性は高いといえます。

 

 

ホームページが更新されていない

 

気になる求人を見つけたら、その病院のホームページをチェックしてください。そして、半年以上も更新されていないなら、ブラック病院である可能性があります。ホームページというのは、病院が外部に情報を発信する貴重なツールです。それを更新していないということは、人手が足りていないという証拠となります。

 

また、手作りで作ったような簡素なホームページも警戒した方が良いでしょう。ちゃんとした病院だと、コストを掛けているのでキレイなページを持っているはずです。ホームページに手を抜いているのは、今の時代ではマトモとは言えないですね。

 

なので、最新情報の欄を見て、日付を確認してみてください。更新の日付が古すぎる場合には、応募を見送るといった対策も必要だといえます。

 

 

面接が簡素すぎる

 

ブラック病院では、基本的に誰でも採用します。使い捨てることを前提としているので、看護師免許を持っていれば内定をもらえることが多いですね。なので、深い質問などが無いままで、短時間で面接が終わります。

 

また、こちらから質問をしても、明確に答えてくれないことが多いです。たとえば、残業手当などの待遇面での質問ですね。先述したように、求人広告に虚偽の記載をしていることがあるので、深く質問をすると答えられないわけです。

 

ですから、回答内容が曖昧だった時には、注意が必要だといえます。ブラック病院ではその場で内定が決まることがほとんどなので、不明瞭な点があったら内定を辞退してください。普通の病院だと選考に数日かかるわけですから、即日で内定を出す時点で怪しいですね。

 

 

 

以上、ブラック病院の見分け方を紹介しました。最近だと、病院でも経営が厳しい所が増えているようです。なので、低賃金で看護師を使い回すブラック病院が増えているわけですね。騙されてしまわないためにも、正しい見分け方を理解しておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース