看護師の求人応募は早いほど得をする?

看護師の求人応募は早いほど得をする?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職サイトを見てみると、かなりの求人情報がありますよね。通常、気になる求人を見つけた時には、施設情報や求人内容を熟読して自分に合っている職場なのかを検討すると思います。ある程度時間を掛けて、いくつかの候補を絞り込むのが一般的です。

 

でも、好条件の求人は少ないですし、いつまで募集しているか分かりません。悩んでいるうちに締め切る可能性もあるので、とにかく早く応募した方が良いと考える人もいるようです。実際のところ、応募する早さは選考に影響するでしょうか?

 

ここでは、求人に応募するタイミングについて解説をします。

 

採用側のニーズを考える

 

看護師の求人広告を出す医療施設には、大きく分けて2つのニーズがあると思います。1つは、足りない人材を早急に埋めたいということ。もう一つは、優秀な人材を募集したいということです。

 

足りない人材を埋めたい場合には、緊急性が高いので早く人材を集めようとしますよね。一方、優秀な人材を集めたいなら、時間を掛けて慎重に選考を行うはずです。つまり、募集する目的によって、選考の時間が変わるということです。

 

このように、採用側のニーズによって、選考方法は大きく変わるということになります。そのため、求人広告の内容を熟読して、どんなニーズで募集をしているのかを探ることが重要だと言えるでしょう。

 

なので、早く応募しないといけない場合と、ちゃんと準備してから応募するべき場合の2つのパターンがあります。その場に応じて、臨機応変に対応できるようにしましょう。

 

 

早く応募するメリット

 

ほとんどの場合、早く応募することでメリットは多くなります。たとえば、以下のような感じですね。

 

  • 緊急で募集している求人だと内定率が高くなる
  • 募集が終了するリスクを減らせる
  • 応募書類を丁寧に読んでもらえる
  • 他の応募者と比較されずに内定をもらえる可能性がある

 

先述したように、すぐに人材を集めたい医療施設だと、早く応募してきた人を優先的に採用する傾向にあります。実質的に早い者勝ちの状態になるので、すぐに応募した方が良いでしょう。また、応募するかどうか迷っているうちに、いつのまにか募集が終了してしまうかもしれません。こういった機会損失は防ぎたいですよね。

 

他にも、意外なメリットとしては、書類選考の通過率が上がるということです。やはり、募集を開始した直後は採用担当者のモチベーションも高いので、応募書類を丁寧に読んでくれやすくなります。後半になると応募が増えるので、細かくチェックする暇がありません。なので、早く書類を送付した方が、隅々まで読んでもらいやすいわけです。

 

そして、応募者が少ないうちに自分をアピールすると、比較対象がいないので内定率がグッと高くなります。応募者が増えるほど比べられてしまうので、早いうちにアピールしておいた方が得な場合が多いですね。

 

 

早く応募するデメリット

 

ただ、応募を急ぎすぎると、少なからずデメリットもあります。

 

  • 準備不足のまま応募することになる
  • 応募者が集まるまで選考が遅れることがある
  • 後から好条件の求人が出るかも

 

新しい求人を見つけてすぐに応募すると、その医療施設のことをよく知らないままで書類を送付することになります。通常であれば病院のホームページやパンフレットを見て研究するのですが、急いで応募するならそういったことができません。

 

当然、応募書類のクオリティが低いと、選考で落とされてしまうでしょう。なので、短時間で応募先の病院情報を調べ上げる工夫が必要となります。また、いつでも応募できるように、自分の強みや弱みなどを整理しておくと良いですね。

 

そして、優秀な人材を集めようとする施設だと、一定の応募者が集まるまで選考しないこともあり得ます。だから、早く応募しても無意味になることがあり、必要以上に待たされてしまうかもしれません。

 

他には、内定をもらった後に、もっと条件の良い求人を見つけてしまうこともありますね。探し出すとキリが無いので仕方ないですが、後悔してしまう可能性があるので注意したいところです。

 

 

情報収集を欠かさないようにする

 

メリットとデメリットを紹介しましたが、トータルで考えると早く応募した方が得をすることが多いですね。なので、転職を考えているなら、日頃から求人サイトなどをチェックする習慣をつけておきましょう。

 

特に、求人情報というのは鮮度が命となります。ライバルよりも先に最新情報をゲットして、早く応募することで選考に有利となるわけです。だから、看護師の転職サイトなどの最新情報は見逃さないようにしてください。

 

サイトによっては、メルマガに登録すれば新着の求人を送ってくれる場合があります。そういったものに登録をして、常に新しい情報が集まるようにしておきましょう。

 

 

また、転職エージェントに登録をして、非公開求人を紹介してもらうのも有効ですね。一般に出回っていない情報を得られるので、かなり有利に転職活動を進めることができます。

 

 

 

以上、求人に応募するタイミングについて紹介しました。自分のフットワークを軽くするためには、日頃からの準備が大切となります。あらかじめ応募書類のテンプレートを作っておいたりして、すぐに応募できるように工夫をしておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース