看護師の第二新卒での転職はアリなのか?

看護師の第二新卒での転職はアリなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職市場では、「第二新卒」という言葉があります。新卒で企業に入社したが、職場環境が自分に合っていなくてすぐに転職をする人たちのことですね。入社してすぐに転職するのは良いイメージはありませんが、社会人経験の浅い人材は教育しやすいので積極的に採用する企業が多いです。

 

看護師業界も例外ではなく、第二新卒を受け入れている医療施設は少なくありません。なので、理想と現実のギャップを感じてしまったり、職場に馴染めないという人は、第二新卒として転職を考えても良いかもしれません。

 

ここでは、看護師の第二新卒について解説をします。

 

第二新卒の定義について

 

一般的に、第二新卒とは就職して1年未満で転職をする人のことを指します。しかし、実際には社会人3年目までの人材を、第二新卒として採用している医療施設が多いですね。広い定義でいうと、社会経験が浅くて若い人材ということになります。

 

新卒採用では競争が非常に激しいので、医療施設が優秀な人材を集めることが困難になっているようです。そのため、第二新卒も採用して少しでも良い人材を集めたいわけですね。社会に染まっていない若手だと、中途採用よりも教育がしやすくなります。ですから、医療施設としても管理が簡単になり、業務の効率を高めることができます。

 

また、新卒で採用した人間は、一定の割合で退職してしまいます。そこで不足した人材を補てんするために、第二新卒を採用するという理由もあるようです。キャリアが浅いので即戦力としては期待できませんが、将来的な戦力として期待されています。即戦力が重要視される中途採用とは真逆となりますね。

 

入職してすぐに辞めるのはイメージが悪いですが、自分に合わない職場なのであれば退職するのも良いでしょう。他の職場だとやりがいを持てる可能性もあるので、第二新卒の期間に転職活動をすることも悪くありません。

 

⇒第二新卒の看護師が増える理由とは?

 

 

どんな基準で採用するか?

 

新卒と同じように、第二新卒はキャリアが浅いので、戦力としては期待されていません。なので、人間性を重視して採用することが多いですね。仕事に対する意欲や将来の目標、看護師になった理由など、ポジティブな気持ちをアピールすることで内定をもらいやすくなります。

 

また、前の職場をすぐに辞めてしまった理由も大切となりますね。仕事が辛いとか人間関係が嫌だとか、そういったネガティブな理由だと納得されません。「教育体制が整っておらず、もっと勉強ができる職場で働きたかった」「もっと患者さんと対話できる環境で働きたい」など、少しでも前向きな理由を語る必要がありますね。

 

医療施設としては、熱意を持っていて職場の空気に合いそうな人材を求めています。なので、施設のホームページやパンフレットを熟読して、どういった理念で運営されているかを調べておいた方が良いでしょう。

 

自分の強みが無いと思っている人が多いですが、そもそも若いというだけで強力なアピールポイントとなります。社会に染まっていないフレッシュさや職場に馴染めそうな明るい性格をアピールできれば、スキルに関係なく内定をもらうことができるはずです。

 

 

将来の可能性は若手の時に決まる

 

看護師の仕事は、専門性が非常に高いです。なので、他の診療科目への転職を考えた場合、覚えることが多すぎて対応できないことがあります。どの科目でも奥が深く常に医療技術が進歩するので、途中から入ってしまうとついて行くのが難しいわけです。

 

しかし、若手の時代であれば真っ新な状態ですから、どんな診療科目に対しても抵抗なく入っていけるはずです。なので、他の科目へ興味が湧いてきたのであれば、若いうちに転職をした方が良いと思います。

 

そのためにも、教育制度が充実している病院を選ぶのが良いですね。そういった医療施設なら、効率よく色々な知識やスキルを身に付けることができます。専門性の高いスキルを持っていれば、将来的に転職する時にも有利な条件で働けるはずです。

 

 

色々な科目へ転職をしてゼネラリストになる人もいますが、膨大な勉強量と熱意が必要となります。一方、特定の分野に特化したスペシャリストであれば、比較的簡単に目指すことができるでしょう。専門看護師や認定看護師を目指すという道もあるので、キャリアアップもしやすいです。

 

このように、若いうちの選択で将来の可能性が決まってしまいますから、転職を考えているなら早い方が良いですね。新卒の入職で失敗したとしても、第二新卒でリカバリー出来るように考えておくどうしましょう。

 

 

 

以上、看護師の第二新卒について解説をしました。転職をする時期としては悪くないので、考えてみても良いかもしれません。職場選びは自分の人生を左右しますから、後悔の無いように行動をしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース