看護師の転職でよくある失敗例

看護師の転職でよくある失敗例

このエントリーをはてなブックマークに追加  

希望の求人を見つけて転職が決まったとしても、いざ入職してみると後悔してしまうことがあります。よく調べてから転職をしなければ、以前よりも逆に待遇が悪くなってしまう場合もあるわけです。

 

なので、失敗することの無いように、十分に注意して行動をしてください。あらかじめ失敗例を知っておくことで、同じ過ちをしなくて済むと思います。知っているのと知らないのとでは、雲泥の差があるでしょう。

 

ここでは、看護師の転職における失敗例を紹介します。

 

転職に失敗した看護師の実例

 

残業なしのはずが、サービス残業を強いられる

 

求人広告に「残業なし」の記載があっても、実際には残業がある場合が多いです。そもそも、病院では患者さんの容体が急変したり、救急患者が搬送されて来たりなど、イレギュラーなことが頻繁に起こります。なので、いつも定時で仕事が終わることはあり得ないわけです。

 

また、仕事自体は定時で終わったとしても、時間外に記帳や申し送り業務などをしなくてはいけません。そして、時間外労働には残業手当が加算されない病院もあるので、実質的にサービス残業という形になるわけです。

 

そのため、ある程度の残業は最初から覚悟しておくべきですね。サービス残業が常態化している職場では、文句が言えない雰囲気があります。ですから、面接時に残業の有無をしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

 

サービス残業をするくらいなら、ちゃんと残業手当が支給される職場で働いた方が良いかもしれません。どうしても残業が難しいなら、看護師の口コミを聞いてみたり転職エージェントなどを利用してみましょう。

 

 

仕事がハードすぎて体がついて行かない

 

看護師の仕事にありがちですが、激務すぎて体力が続かないということがあります。やりがいのある仕事を求めて転職しても、体を壊してしまったら意味がありませんよね。なので、自分の体力に合った仕事量の職場を探さなくてはいけません。

 

やりたいことを追求するのは素晴らしいですが、長く続けられるように労働環境にも目を配るようにしてください。ですから、夜勤や残業の日数、労働時間などを面接時に確認することをおススメします。

 

不規則なシフトが辛いのであれば、夜勤専従や日勤のみで勤務できる施設を探しましょう。規則正しい生活習慣にすることで、体にかかる負担を軽減することができます。また、職員寮や有給休暇などの福利厚生が整っている医療施設だと、通勤や生活が楽になりますね。

 

このように、仕事内容以外にも労働環境に目を配ることで、自分にとって働きやすい職場を見つけることができます。長く働ける職場でなければ、満足にスキルアップすることはできません。なので、意識をしておいてください。

 

 

入職してみるとイメージが違った

 

これは、最も多い失敗例だと思います。病院のホームページやパンフレット、面接時の印象が良かったとしても、実際に入職してみると理想と違っていて落胆するケースがあります。外側からは見える部分が限られているので、ある程度は仕方ないですね。

 

たとえば、求人票には「アットホームな職場」と記載されていても、実情はギスギスして複雑な人間関係だったりするわけです。また、転職によって給料がアップしても、割に合わないほどの仕事量を科せられることもあります。

 

なので、看護師間の口コミやネット情報なども参考にしてみると良いでしょう。また、実際に足を運んでみるのも良いですね。職員の動きや仕事ぶりを見るだけでも、得られる情報は非常に多いです。自分の目で確認するのがベストだと思いますから、直感だけで決めないことが大切です。

 

また、最も重要なことは、「自分は何を求めているか」ということですね。「看護師の職場選びのコツ」でも紹介しましたが、自分の目的が明確になっていれば少しの不満があっても続けることができるはずです。

 

たとえば、「急性期医療の経験を積みたい」と思って転職したのなら、人間関係や待遇が悪くても我慢できますよね。自分の目的を達成することが大切なので、何を求めているのかを明確にして転職活動をすることが重要ですね。

 

 

新しいスキルが身につかない

 

待遇のみを重視して職場を選ぶと、退屈な仕事のみで満足できないことがあります。私の知り合いの話ですが、日勤のみの仕事がしたくてデイサービスに転職しました。しかし、利用者の食事やリハビリの補助などの仕事ばかりで、医療行為がほとんど無いので満足できなかったようです。

 

こういった職場で長く勤めていると、今まで身に付けたスキルを忘れてしまう可能性があります。それだと、医療施設への復帰を目指した時に、満足に仕事ができないかもしれません。自分の選択肢が狭くなってしまうので注意したいですね。

 

やはり、看護師の資格を取ったわけですから、医療のスキルを高めて患者さんのサポートがしたいという人が多いはずです。仕事よりもプライベートを重視したいなら別ですが、やりがいのある仕事がしたいなら仕事内容に意識を向けてください。

 

キャリアを積み重ねて新しいスキルを身に付ければ、将来的には高待遇の施設に転職できる可能性があります。専門看護師・認定看護師などの資格を取得すれば、管理職としての道も開けるでしょう。

 

 

教育体制が整っていなかった

 

スキルアップを求めて未経験の科目へ転職しても、教育体制が不十分で満足に勉強ができない場合があります。大きな総合病院だとプリセプター制度などを取り入れたりしていますが、中小の病院だと研修すらないことも少なくありません。

 

なので、新しい分野への転職には注意したいですね。そもそも、中途採用では即戦力が期待されますから、未経験だと採用されないことも多いです。だから、今までの経験を生かせる施設への転職が望ましいと言えるでしょう。

 

ただ、「求人広告が増える時期」でも紹介したように、春ごろの季節は新卒看護師が大量に辞めていくので、未経験でも採用してくれる施設が多くなります。ですから、そういった時期を狙って転職活動をしても良いかもしれません。

 

また、施設のホームページなどを見ると、教育制度などの紹介が記載されていたりします。色々な場所から情報を収集して、教育が整っている職場を探すといった工夫も大切ですね。

 

 

失敗しない転職のために

 

上記で、看護師の転職の失敗例を紹介しました。失敗してしまう原因の多くは、準備不足にあるわけですね。なので、しっかりとリサーチを行って、職場の状況を把握しないといけません。事前に情報を集めておけば、イメージとの相違を無くすことができるでしょう。

 

しかし、自分の力だけで調べるのには限界があります。実際に入職してみないと分からないことが多いですから、外部からは判断できないことが多いわけです。病院見学をしてみても、職場の人間関係や勤務実態までは把握できませんよね。

 

そういった時には、転職エージェントを利用することをおススメします。エージェントに登録すると、専門のキャリアコンサルタントが対応してくれます。コンサルタントは、病院の看護師長と何度も会っていますし、過去の転職者からも情報を集めています。

 

なので、その病院の内部情報を豊富に持っているので、色々な情報を提供してくれるわけです。全国の医療施設の情報が集まっていますから、自分に合った職場を見つけやすくなりますね。転職エージェント経由なら、ミスマッチした職場への転職を避けることができます。

 

失敗のリスクを減らすためにも、当サイトの「転職エージェントの人気ランキング」を参考にしてみてください。きっと、納得のいく転職が出来ると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース