看護師の就職活動と転職活動の違いについて

看護師の就職活動と転職活動の違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護学校を卒業して新卒で医療施設へ入職した人だと、初めての転職時に勝手が違うので戸惑うかもしれません。就職活動では学生仲間と情報交換をすることができますが、転職だと一人で活動しますから不安ですよね。

 

転職するときの流れや心構え」を参考にして、全体像を掴んでおいてください。また、新卒とは求められているものが異なるので、同じ気持ちでいると失敗してしまうかもしれません。なので、しっかりと気持ちを切り替えるようにして下さい。

 

ここでは、就職と転職の違いを紹介します。

 

自発的な行動が求められる

 

新卒で就職活動をするときには、合同就職説明会や病院説明会、インターンシップなどが全国で開催されています。また、学校のサポートもありますし、学生仲間からも色々な情報をもらうことができます。なので、特に迷うことなく就職活動をすることができますよね。

 

最終学年の春から動き始めて、秋ごろには誰でも内定をもらっているはずです。看護師の就職率はほぼ100%ですから、周りのみんなと同じように行動していれば間違いありません。

 

一方、転職をする場合には、説明会などは基本的にありません。自分で情報収集を行って、求人情報を探さなくてはいけないわけです。日頃から受け身体質の人だと、自発的に行動するのは難しいかもしれませんね。

 

新卒のブランドもありませんから、適切に自分のスキルをアピールする必要もあります。なので、自分から積極的に動いていくことを意識しないといけません。

 

 

過去のキャリアが重要視される

 

新卒の学生だと何のキャリアもありませんから、将来性を見込んでの採用となります。仕事に対する意欲やコミュニケーション能力などが、評価の対象となりますね。そのため、元気が良いという理由だけで内定をもらえることも少なくありません。

 

しかし、中途採用の場合であれば、「どんなスキルがあるか」が求められます。今までのキャリアの中で、身に付けたスキルのことですね。ゆっくりと教育する時間がありませんから、すぐに現場で活躍できる人材が優先されるわけです。

 

なので、過去のキャリアや実績を提示して自分をアピールしましょう。条件の良い求人ほど競争が激しくなるので、自分のスキルの見せ方が重要です。応募先の医療施設の業務内容と自分の持っているスキルを結びつけて、即戦力で活躍できることをアピールしてください。

 

 

スピード感が重要

 

新卒の就職活動においては、応募者が大量にいますし時間を掛けて選考が行われます。また、入職が春になりますから、内定をもらってからかなりの時間があります。そのため、余裕を持って準備などができますね。

 

しかし、転職活動の場合だと、応募から内定まで1カ月以内で決まることも少なくありません。中途採用だと欠員の補充が目的ですから、スピーディに選考が行われるわけです。応募から面接までが早いので、事前に準備をしておかないと適切にアピールできない可能性があります。

 

また、複数の施設へ応募をしているなら、面接のスケジュール調整などで忙しくなります。ゆっくりしている暇はありませんので、あらかじめ時間の都合をつけておくなどの工夫が必要ですね。

 

 

職務経歴書を作成する

 

今までのキャリアや職歴を証明するために、職務経歴書という書類を作成します。これは、履歴書と一緒に応募先へ送るものですね。新卒時には必要なかったので、初めての転職だと書き方が分からないかもしれません。

 

職務経歴書には、決まったルールなどはありません。なので、ネットで検索すればテンプレートなどが見つかるので、それを使って書くと良いでしょう。書き方のコツとしては、可能な限り具体的に記すことです。

 

勤続年数や持っている資格、得意なスキルなど、出来るだけ細かく記載するようにしてください。応募先で生かすことができるスキルを明記すれば、即戦力としてアピールすることができます。何が生かせるのかを考えながら書類を作成してください。

 

⇒職務経歴書の基本的な書き方

 

 

納得できる退職理由を述べる

 

転職をするわけですから、以前の職場を辞めた理由を伝える必要があります。仕事が辛いとか人間関係が悪かったとか、ネガティブな理由を言ってしまうと印象が悪いですね。なので、できるだけポジティブな退職理由に変換しなくてはいけません。

 

「自分のスキルを伸ばしたい」とか「○○の分野を伸ばしたい」といった、自己成長に繋がる理由が最も望ましいと言えるでしょう。

 

伝える理由によっては、社会人としての責任感の無さを露呈してしまう可能性があります。そのため、よく考えてから伝える必要がありますね。秀でたスキルを持っていたとしても、退職理由によっては不採用となるかもしれません。なので、十分に気を付けるようにしてください。

 

⇒面接で語るべき転職理由とは?

 

 

 

以上、就職活動と転職活動の違いを紹介しました。これを理解していれば、初めての転職であっても戸惑うことは少なくなります。転職を成功させるためにも、しっかりと意識をしておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース