転職の流れについて知ろう

転職の流れについて知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職をするときに重要なことは、計画を立てるということですね。後先を考えずに行動をしてしまうと、失敗する可能性が高いです。十分に注意するようにしてください。

 

全体像を理解しておけば、迷う心配がありません。なので、一通りの流れを頭に入れておくようにしましょう。そうすれば、きっと転職活動は上手くいくはずです。

 

早く転職したいからと言って、見切り発車で仕事を辞めてしまうと後悔することになります。ですから、失敗することの無いように、事前に計画を立てて転職活動を勧められるようにしましょう。

 

それでは、転職の全体像について解説をします。

 

  1. 転職理由を整理する
  2. 転職先の情報を収集する
  3. 面接の準備
  4. 面接
  5. 退職の準備
  6. 手続き

 

上記のような流れで、転職を進めていく形となります。

 

 

1.転職理由を整理する

 

一番初めにやることといえば、「何で辞めるのか?」を明確にすることです。これは面接では必ず聞かれることですし、曖昧であってはいけません。

 

実際、給料や人間関係などマイナス要因での退職をする人は多いと思います。しかし、こういった理由ではなくて、ポジティブな理由が無いと採用は難しいでしょう。何かの不満があって辞めた人は、採用してもすぐに別の不満を持って辞めるだろうと思われるからです。

 

 

なので、前向きな転職理由を考えるようにしてください。たとえば、もっと高度なスキルを身に付けたいとか、新しい経験を積みたいとかそういった理由が良いと思いますね。

 

外来や病棟、クリニックなどの環境が変わると得られるものも違ってくるので、自分自身の成長という意味での目的を見つけることは出来るでしょう。目的が明確になっていれば、転職先に求める条件も把握できるはずです。

 

こういった自己分析をしておかないと、転職活動中に迷ってしまうことがあります。軸がブレてしまったら、自分が求めている条件に合わない求人を選んでしまいがちなわけですね。ですから、自分のニーズを把握することは、非常に重要だといえます。

 

 

2.転職先の情報を収集する

 

そして、転職の理由が見つかったら、自分の目的を実現できる職場を探します。ハローワークにも多くの求人がありますし、インターネットの求人サイトでも良いですね。

 

看護師専門の転職サイトなどもあるので、そういったものを利用するのもアリです。「理想的な求人情報を見つける秘訣」も参考にしてください。

 

で、大体の求人の目星がついたのであれば、実際に足を運んでみるのも良いでしょう。やはり、自分の目で見てみないと状況が分かりません。面接に行って、理想と違ったというリスクを避けることにもなります。面倒ですが、こういった努力も必要ですね。

 

 

さらに、応募する求人の中で優先順位を付けることも大切です。第一希望から第五希望くらいまで決めておけば、それぞれに合った対策をすることもできるでしょう。また、求人情報ごとに応募期間や必要書類なども変わるので、ちゃんと確認をしておいてください。

 

もしも時間が無いのであれば、看護師専門の転職エージェントを利用するのが良いでしょう。面接のスケジュール調整や必要書類の準備、面接の対策などを行ってくれます。看護師は忙しくて時間の確保が難しいですが、自分の代わりに病院とやり取りをしてくれるので重宝するはずです。

 

 

3.面接の準備

 

自分の受けたい職場が決まったら、面接の申し込みをしましょう。電話で申し込みをするのが一般的ですから、明るく元気に受け答えしてください。ここでの第一印象も大切となりますから、意識した方が良いです。

 

面接の日程を決定するので、自分の都合の良い日時を伝えます。ここで折り合いが付かないと面接が受けられませんから、出来るかぎり譲歩することが重要ですね。日程は早いほど良いですから、できるだけ1週間以内に設定するようにしてください。

 

 

もちろん、応募書類なども丁寧に作成をする必要があります。書類選考では、そういったところも判断基準となりますからね。書類の書き方で不採用にならないように、何度も確認して不備の無いようにしましょう。履歴書や職務経歴書、看護師免許のコピーなどを提出するのが一般的です。

 

もしも、看護師免許を紛失してしまったら、早めに再発行をしておいてください。免許が無いと内定がもらえませんので、早急に対処する必要があります。

 

 

4.採用試験・面接

 

面接の前に、筆記試験がある場合があります。筆記試験の場合だと、簡単なテストや小論文などが出されることが多いですね。また、事前に課題を出されることもあるので、面接までに提出する必要があります。応募先の病院によって異なりますから、あらかじめ確認するようにしてください。

 

 

また、面接で聞かれることは、前の職場の退職理由や志望動機などがメインです。これは、(1)で考えていると思うので、それを伝えてください。事前の準備が力を発揮する場面ですね。慌てることなく、ゆっくりと自分の考えを伝えるようにしましょう。

 

ポジティブな考え方をアピールできれば、好印象を与えることが出来るはずです。これまでの職務経歴なども、簡単にまとめておくと良いですね。

 

面接が不安な人であれば、看護師専門のエージェントを利用しましょう。事前に面接対策などを行ってくれるので、内定をもらいやすい対応を学ぶことができます。

 

 

5.退職の準備

 

次の転職先が決まったのであれば、退職の準備をしなくてはいけません。今までお世話になった職場なので、不手際が無いようにしましょう。就業規則をちゃんと確認して、職場の状況に合わせた退職の手続きを行ってください。

 

師長への報告は、最低でも1か月前までにはしておく必要がありますね。次の担当の方への引継ぎなども、ちゃんとやるようにしてください。あまりに急すぎると、周りの人たちに迷惑をかけることがあります。

 

円満退職をしないと印象が悪いので、注意が必要です。早めに対処の意向を伝えるようにしてくださいね。

 

 

6.入職の手続き

 

転職をすると、保険や年金の切り換えの手続きが必要となります。だから、前の職場から必要な書類をもらっておかないといけません。

 

また、ユニフォームやナースシューズの支給など、病院によって対処が異なることも多いです。なので、必要なものを入職日までに確認して、事前に準備しておいてください。

 

 

 

これらを終了させて、転職活動は終わりとなります。

 

やることが多くて大変ですが、必要なことですから頑張ってください。一連の流れで、3か月くらいは見ておく方が良いと思います。

 

転職活動を失敗させないためにも、流れを理解するようにしてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース