転職の体験談を参考にする

転職の体験談を参考にする

このエントリーをはてなブックマークに追加  

どれだけ入念に下調べをして転職活動をしたとしても、上手くいかないことだってあります。予想外の出来事が起きてしまったら、対処できませんからね。思わぬ失敗をすることもあるので、覚悟しておく必要があります。

 

なので、そういった失敗を少なくするためにも、過去の転職者の失敗談をみて、あらかじめ対策が出来るようにしましょう。実際の失敗例を見ておけば、予想外の出来事が起きる可能性はグンと低くなりますよ。

 

 

 

給料を優先した結果、環境が合わずにすぐに辞めた。

 

給料の低さから転職を考える人は、多いと思います。自分の生活が懸かっているわけなので、すごく重要な問題ですよね。

 

ただ、給料が良いからといって、勤務時間や業務内容などの労働条件を確認せずに転職をしてしまったら、あとで後悔することになります。

 

 

どれだけ高い給料であろうと、その職場が自分に合っていないのであれば、長く勤めることは難しいと言えるでしょう。なので、一つの観点から職場を決めるのではなくて、総合的に自分に合っているかを判断するようにしてください。

 

すぐに辞めてしまったら意味がありませんので、ちゃんと判断しましょう。

 

 

 

国立の大学病院に憧れていたが、イメージと違った。

 

看護師としてのキャリアを上げるために、私立の病院よりも公立・国立の総合病院で仕事をしたいと思っている人は多いはずです。国公立のほうが、ブランドイメージが強いですしね。誰もが憧れるという気持ちはわかります。

 

しかし、表面的な事しか見ていなければ、転職後に失敗する可能性が高いです。本当に自分が目的としていることは何かを、明確に意識しないといけません。自分のイメージと違って落胆するのは、目的意識が曖昧だからです。

 

 

本当にやりたいことは何かを、考えるようにしましょう。
患者さんとのつながりを大切にしたいなら、街の診療所が良いかもしれません。
ライフスタイルを充実させたいなら、地方の小さな病院が良いかもしれません。

 

自分の目指すイメージを、実現できる職場を選択するようにしてください。

 

 

 

求人広告の内容と実際の仕事に乖離があった。

 

求人広告の内容に納得して転職したとしても、いざ勤めてみると労働条件が違っていたということも珍しいことではありません。外部からは分からないことも多いですけども、出来るかぎりの情報を集めておくことは必要だと思います。面接のときに、よく内容を確認するのは必須でしょう。

 

 

また、看護師の口コミなどを参考にする手もあります。求人情報は、ネガティブな情報については一切書かれていません。だから、詳しい内情を知ることは難しいですね。

 

でも、口コミなどであれば、現場の生の声を知ることが出来るので、かなり信頼性が高い情報が得られることもあります。

 

自分のネットワークを使ってみることも、すごく大切ですね。

 

 

以上、色々な失敗体験を紹介しました。
参考になる部分もあったと思うので、覚えておくようにしてください。

 

 

転職で失敗しないために

 

自分で出来る範囲で気を付けていても、実際に勤めてみるまではその職場の実態をつかむことは、難しいですよね。個人レベルで知ることが出来る情報では、どうしても限界があります。

 

ですから、転職で失敗しないために、転職エージェントを活用しましょう。専門の担当者が、自分の条件に合った求人を紹介してくれますし、実際の現場も知っているので、どのような内情なのかも知ることができます。

 

これを利用すれば、失敗する可能性を大幅に減らすことが出来るはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース