院内保育のある求人の探し方について

院内保育のある求人の探し方について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師として働く女性の中には、小さな子供を育てている人も多いでしょう。看護師の仕事は昼夜を問わず不規則なので、民間の保育所などに子供を預けるのは難しいです。民間の保育所・託児所などは、夜の19時くらいまでしか空いていません。

 

なので、夜勤や残業がある看護師だと、利用することができないわけですね。そのため、実家が遠かったり、夫の帰りが遅いのであれば、院内保育のある病院を探すのがおススメです。最近だと、病院内で24時間子供を預かってくれる施設があるので、夜勤がある看護師でも安心して利用できます。

 

ここでは、院内保育について解説をします。

 

看護師の子育て事情

 

先述したように、子育てをしながら仕事をしている看護師は多いです。旦那さんや両親の協力があれば良いですが、そういった協力が得られないなら子供を預ける場所に困ってしまいますよね。

 

現代は3割の夫婦が離婚する時代ですから、シングルマザーの看護師も少なくありません。地方から都心に出てきた人だと、両親に子供を預かってもらえないので、仕事と子育ての両立に苦労するでしょう。収入面も考えると、夜勤や残業をこなさないと経済的に苦しくなってしまいます。

 

そういった苦しい看護師事情から、院内保育を整備する医療施設が増えてきました。病院の施設内に保育所を設置して、24時間体制で子供を預かってくれるわけです。職員だけが利用できる保育所なので、非常に安心感があります。

 

これなら、夜勤や残業があっても安心して働くことができるので、子育て中の看護師から絶大な支持を集めている設備ですね。なので、転職をするときに、院内保育があるかを基準とする人も多いです。

 

小さな子供がいる人は、利用すると良いでしょう。

 

 

院内保育のメリット・デメリット

 

メリット

 

まず、職員のための福利厚生なので、利用料が安いというメリットがあります。一般的な民間の保育所だと5〜6万円ほど掛かりますが、その3割程度の負担で済むことが多いです。24時間体制では破格の値段だと思うので、かなりの節約となりますね。

 

他にも、急な残業で迎えが遅れたとしても、多少の融通が利くのも利点です。病棟だと急患の搬送や急変する患者さんがいるので、残業が頻繁にあったりします。その辺も理解してくれているので、文句を言われることはほとんどありません。民間だと少し遅れるだけで嫌味を言われることがあるので、気を遣ってしまいます。

 

あとは、敷地内に保育所があると、体調が悪くなってもすぐに見に行けるという安心感があります。何かあったら連絡してもらえますし、送り迎えもスムーズにできるでしょう。毎日子供を預ける場所ですから、近場にあるというのは大きなメリットだといえます。

 

 

デメリット

 

メリットがあると、当然デメリットもあります。職場内の保育所なので、トラブルがあってもクレームしにくいことがありますね。揉め事を起こすと職場の居心地が悪くなってしまいますから、多少の遠慮は必要と言えるでしょう。

 

また、子供のプライバシーが筒抜けといった問題もあります。職場の同僚に自分の子供の情報を知られるのは、あまり良い気持ちはしませんよね。子供が家庭のことを話してしまって、それが職場内で広がる恐れもあります。

 

さらに、人間関係が面倒というデメリットもありますね。送り迎えの時に嫌いな同僚と鉢合わせてしまったり、子供同士でケンカをしたときに謝らないといけません。上司や先輩などの関係性もあるために、人間関係が複雑になってしまうことがあります。

 

 

院内保育のある求人の探し方

 

多くの人材を確保するために、子育て支援を充実させる医療施設は増えています。なので、院内保育のある病院の数は多くなっていますが、それでも全体としては依然として少ないのが現状です。

 

なので、院内保育のある求人があると、すぐに埋まってしまう傾向にありますね。子育て中の看護師からの人気は高いですから、求人を探すだけでも一苦労だと思います。なので、常にアンテナを張って求人を探すようにしてください。

 

転職サイトなどでメールアドレスを登録しておくと、新着情報をメールで知らせてくれます。そういった情報を常にチェックしておけば、早く見つけることができるでしょう。

 

 

また、転職エージェントを利用して、非公開求人を紹介してもらう手段もあります。自分の希望を伝えるだけで、キャリアコンサルタントが条件に合う求人を紹介してくれます。院内保育のある求人情報もたくさん保有していますから、自分の求める求人を見つけることができるでしょう。

 

当サイトの「転職エージェントの人気ランキング」を参考にしてみてください。

 

 

 

以上、看護師の院内保育について解説をしました。子供を預ける場所が確保できれば、安心して仕事に専念することができます。しっかりとキャリアを積んでいけば、専門看護師や認定看護師なども目指すことができるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース