看護師が転職面接で条件交渉するときの注意点について

看護師が転職面接で条件交渉するときの注意点について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師は一般職と比べると高収入ですが、さらに良い条件で働きたいと考える人は多いです。あるいは、スキルアップのために専門性の高い病院へ移りたい場合もありますよね。そういった時には、転職をすることになります。

 

また、結婚や出産などでライフスタイルが変わったり、夜勤が辛いので日勤のみでの仕事がしたいなどのニーズもあるでしょう。自分の希望に合う職場が見つかれば良いですが、完璧に適合している施設は少ないのが現状です。

 

そういった時には、条件交渉をしてみましょう。面接時に交渉をすれば、良い待遇で入職ができるかもしれません。なので、上手く交渉できるように工夫する必要があります。

 

ここでは、条件交渉について解説をします。

 

看護師の就業者は増加傾向にある

 

退職者が多いことで有名な看護師ですが、近年は10%ほどの離職率となっています。具体的な人数にすると、毎年10万人以上の看護師が辞めていることになりますね。そして、看護師の資格を持っていながら仕事をしていない潜在看護師の人数は、11万5,000人もいると言われています。

 

しかし、離職率は少しずつ減少傾向にあり、看護師の就業者は増えているようです。おそらく、厚生労働省や看護協会によって、潜在看護師の復職支援が進んでいるんでしょう。また、結婚して退職した人でも、旦那さんの給料だけでは不安なので看護師として働きだすという人も多くなっています。

 

今後も看護師の数が増え続ければ、人材不足が解消されるので良い傾向だと言えるでしょう。ただし、看護師の数が増えると求人への競争率が高くなってしまうので、好条件で転職することが難しくなるかもしれません。

 

そのために、上手く条件交渉を行って、納得のいく待遇で働けるように工夫をする必要があります。

 

 

面接での交渉のポイント

 

書類選考を通過すると、面接へ進むことができます。ここでは印象が大切となるので、自分の発言には十分に注意しないといけません。しっかりとした事前準備を行って、応募先の医療施設の情報を集めておくと良いでしょう。

 

面接が順調に進んでいくと、「何か質問はありますか?」と面接官から聞かれるはずです。ここで、給与や雇用条件などを確認して、不満があるならば交渉を行うようにしてください。

 

ただし、給料に関しては、最初から決められているので交渉できないことが多いです。前職とあまりにもかけ離れているなら交渉するべきですが、基本的には代えられないと思っておきましょう。

 

 

交渉の余地があるのは、雇用条件に関してです。たとえば、夜勤の日数や残業時間、年間休日の日数や公休日、有給の利用などがありますね。特に、小さな子供がいて育児との両立が必要な場合には、ここでの交渉が重要となります。

 

ちゃんと理由を説明して、自分の求める条件を受け入れてもらえるように頼んでみてください。ここでの話がまとまらないのであれば、内定辞退を考えても良いかもしれません。

 

 

内定後にも気を付ける

 

運良く内定をもらったとしても、そこで安心してはいけません。実は、入職してから条件が異なっていたというケースが頻発しています。面接で条件交渉をしても、それが反映されないことがあるわけですね。

 

わざとやっている悪質な施設がありますし、単なる伝達ミスなのかもしれません。どちらにしろ、最後まで安心しないということが重要です。なので、内定通知書の内容をよく確認してください。内定通知書には、雇用条件の詳細が記載されているはずです。そこでの内容に誤りが無いかをチェックしておきましょう。

 

もしも、面接時の条件と相違があったなら、担当者に電話をして確認をします。大抵の場合は、指摘した間違いをすぐに修正してもらえるはずです。でも、すぐに改善されないようであれば、内定を辞退してください。対応の悪い職場だと、入職後に色々なトラブルに遭う可能性があります。

 

 

条件交渉の代行を依頼することもできる

 

面接時の条件交渉に関して、遠慮してうまく言い出せない人がいますよね。図々しいと思われるのを恐れて、不利な条件でも飲んでしまう人が多いです。そういった人は、転職エージェントを利用してみてください。

 

専門のキャリアコンサルタントがサポートしてくれるので、面接時の交渉などもすべて代行で行ってくれます。特に、コンサルタントは医療施設とのパイプを持っているので、特別交渉で高待遇を出してくれる場合も少なくありません。

 

給料の交渉は難しいと先述しましたが、転職エージェントを使えば年収アップができる場合があります。過去に何人もの転職を成功させてきたプロなので、そういった交渉能力に長けているわけですね。

 

だから、より良い条件で転職したいなら、積極的に利用するべきです。当サイトでは、「転職エージェントの人気ランキング」を紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

以上、転職時の条件交渉について解説をしました。しっかりと交渉をしないと、自分のライフスタイルを崩すことになります。仕事に追われる毎日になると、うつ病や過労の原因となってしまうので注意しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース