ブランク空けの看護師の面接対策について

ブランク空けの看護師の面接対策について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の仕事は、離職者が多い事でも有名です。夜勤が続くことで体力的に持たない人がいますし、女性が大半なので結婚や出産で辞めていく人が多いからですね。しかし、一定期間の離職を経て、もう一度復職したいという人も増えています。

 

育児が一段落ついたり、経済的に働く必要性が出てきたり、色々な理由で看護師として再就職を考える人がいると思います。ほとんどの病院で看護師が足りていませんから、多少のブランクがあっても問題なく復職することができるはずです。

 

しかし、面接の対策をちゃんとしておかないと、内定がもらえないこともあります。ですから、事前に準備を欠かさないようにしてください。

 

看護師の再就職は難しくない!

 

先述したように、ほとんどの病院で看護師が不足しています。なので、ブランクがあったとしても、再就職は難しくないでしょう。看護師の資格保持者で就業していない人を「潜在看護師」と呼びますが、潜在看護師の採用に力を入れている病院も多いです。

 

また、現場から離れて知識が抜けている人に対して、「看護職復職支援研修」などが全国で行われています。この研修を受ければ、仕事のカンを取り戻すことができるので、復職しても即戦力として活躍することができるでしょう。

 

さらに、正職員でなくても、パートやアルバイト、派遣の看護師として働くことも可能です。ですから、家事や育児などで忙しい人でも、柔軟に働くことができます。

 

⇒ブランクがある看護師でも復職できる?

 

 

面接の準備は怠らない

 

面接の準備の仕方」でも紹介しましたが、応募先の病院の情報はできるかぎり集めておきましょう。ホームページなどを見れば、医療設備や職員数、病床数などの基本情報を知ることができます。

 

そういった情報があると、その病院が力を入れているポイントを知ることができます。他の病院にはないユニークな点があれば、それを志望動機に入れることで説得力のあるアピールをすることが可能です。

 

 

また、質問されそうなことも、事前に予想しておいてください。「面接でよくある質問」のページでは、看護師の面接で聞かれそうな質問をまとめています。これを見て回答を用意しておけば、急な問いかけに焦ってしまうことは無いでしょう。

 

看護師のニーズは高いと言っても、面接で適切な受け答えが出来ないと採用されるのは難しいです。なので、何度もシュミレーションをして、準備を怠らないようにしてください。

 

 

退職理由を答えるときには気を付ける

 

面接で必ず聞かれるのは、前職場を退職した理由についてです。結婚や出産などのやむを得ない理由なら、正直に答えても問題ありません。しかし、内容によっては、そのまま話すとマイナスポイントになるので注意が必要となります。

 

たとえば、「人間関係のもつれ」や「給料が安い」といった理由です。このようなネガティブな理由を言ってしまうと、また同じような理由で辞めるだろうと思われてしまいます。協調性が無かったり、待遇に不満を持つ人は、職場の空気を乱しがちなので敬遠されてしまうわけですね。

 

なので、ネガティブな理由は、プラスに言い換えるようにしましょう。人間関係が嫌で辞めたなら、「もっと自分の能力を生かせる職場で働きたい」と言い換えることができます。給料が安いという理由なら、「実力を適正に評価してもらいたい」とも言えますよね。

 

ものは言いようですから、印象が良いように表現方法を変えるようにしてください。

 

⇒面接での退職理由はどうするか?

 

 

 

以上、看護師が復職するときの面接対策を紹介しました。あらかじめ準備を怠らないようにしておけば、どんな状況でも適切に受け答えができるはずです。再就職を成功させるためにも、ちゃんと準備をしておいてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース