効果的な自己PRを考える方法

面接や履歴書での効果的な自己PRを考える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職面接において、最後の一押しとなるのが自己PRです。ここで興味深いPRをすることが出来れば、採用の確率はかなり高くなります。実際、他の応募者と評価が僅差だった場合、自己PRが決め手となる場合が多いです。なので、面接官から注目されるPRが出来るように準備をしておきましょう。

 

まず、自己PRの目的としては、「自分がこの職場で何が出来るのか?」を伝えるということです。「私を採用したら、こんなメリットがありますよ」ということですね。これを端的に伝えることが、最も大切なわけです。

 

なので、今までの職場で得た知識や経験を、転職後にどうやって活かせるのかを説明できるようにしておいてください。自分が出来ることを、紙にリストアップして整理しておくことをおススメします。そうすれば、自分のアピールポイントが見えてくるはずです。

 

 

ワンランク上の自己PRをするために

 

上記で、自己PRの基本的なやり方を説明しました。しかし、こんなことは誰でもやっていることです。ライバルたちも同じように、自分のアピールポイントを用意しているわけです。ですから、周りと差をつけるためにも、もう少し工夫をする必要がありますね。

 

 

コツとしては、「具体的な行動指針を示す」ということがあります。

 

例えば、

 

「今まで患者の立場に立って、看護をしてきました。」
「患者から喜ばれた看護をの仕方をノートにメモし、それを毎日実践していました。」

 

上記の例だと、どちらが説得力が高いでしょうか?

 

言うまでもなく、後者ですよね。自分が具体的にどういった感じで仕事をしていたのかを説明できれば、非常に高い説得力を持ちます。このようなアピールが出来れば、自分の商品価値を高めることが出来ますよ。

 

大切なことは、自分の未来像をイメージさせることです。

 

この職場に入ったら、自分がどんな仕事ぶりを発揮できるかを面接官にイメージさせないといけません。そのために、具体的な行動を説明する必要があるわけです。これを意識するだけで、面接での印象がかなり変わってくると思いますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース