面接や履歴書に書く退職理由はどうするか?

面接や履歴書に書く退職理由はどうするか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職の際に面接に挑むことになりますが、そこで必ず聞かれる質問があります。それは、「なぜ転職したいのか?」ということです。これは、どこの面接でも聞かれることなので、スムーズに答えられるように準備をしておかないといけません。

 

ここで、前向きな退職理由を答えられたら良いのですが、堂々と言えない場合もありますよね。特に、ネガティブな理由での退職理由は、正直に話してしまうと面接官にマイナスイメージを与えることになってしまいます。

 

たとえば、「今の職場の人間関係が嫌だから」「今の仕事がキツくて耐えられない」などの理由である場合です。これを言ってしまったら、「うちの会社に入っても、すぐに辞めてしまうだろう」という印象を与えるので、合格は厳しくなります。

 

なので、ポジティブな退職理由を言えるようにしておきましょう。

 

 

まずやるべき事としては、「何のために転職するのか?」という目的を明確にしてください。先ほどのようなネガティブな理由でなくて、前向きなポジティブな目的が必要です。これを明確にすることで、退職理由と志望動機に一貫性が生まれることになります。

 

  • 自分は、将来どんな人間になりたいのか?
  • どんなキャリアを作っていきたいのか?

 

上記のようなことを考えれば、自分の目的意識が明確になるはずです。しっかりと、将来に向けて考えてみてください。

 

 

しかし、どうしてもネガティブな理由しか思いつかない場合もありますよね。そういった時には、発想の転換をしてみましょう。具体的には、不満の裏側のニーズを探るということです。あなたが持っている不満は、真のニーズの裏返しなんです。

 

たとえば、「人間関係が嫌だ」という不満があるなら、「人間関係が良好な職場で働きたい」というニーズがあるということです。そうすれば、「チームで協力し合って、成果を出していきたい」というポジティブな目的を作ることが出来ますよね。

 

他にも、「労働時間が長い」という不満があれば、「無駄を省いてテキパキと仕事に取り組みたい」というニーズが隠れているということです。それなら、「業務を最短で効率よく進めるフローを作りたい」というポジティブな理由が生まれます。

 

 

こういった感じで、自分の持っている不満からポジティブな理由はいくらでも生み出すことが出来るわけです。なので、あらかじめしっかりと考えておいてください。そうすれば、面接でも好印象を与えることが出来るはずです。

 

どんな状況下であってもポジティブな理由に変えられますから、これを意識して自分の現状を考えてみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース