大学・国公立病院と民間の病院で、どれがいいのか?

国公立病院とクリニックはどう違うのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  
大学・国公立病院と民間の病院では、どれがいいの?

自分の目的に合わせた道を選択しましょう。

 

看護師の転職を考えた場合、大学・国公立などの大病院か民間の診療所などで、どこに転職をすればいいのか迷ってしまう人は多いと思います。大病院のブランドに憧れて、そちらを目指したいと思う人もいるかもしれませんが、良いことばかりではありません。

 

大病院にしろ民間の診療所にしろ、どちらにも一長一短があります。なので、それぞれのメリット・デメリットなどを照らし合わせて、自分にあった方を選ぶようにしましょう。

 

 

大学・国公立病院

 

大病院のメリットとしては、最新の情報が手に入るということでしょうか。研修会などが多いですから、最新の医療情報がたくさん手に入るわけです。なので、看護の理論を体系的に学ぶことができ、深い知識を得ることが出来ます。

 

さらに、最新の医療機器なども導入されますから、それらの扱い方も知ることが出来ます。学びの環境としては最高の場所だと言えるでしょう。

 

 

また、大病院だと研修医なども含めて医師の数が非常に多いです。なので、看護師としては本来の業務に集中できるというメリットもありますね。手に入れた新しい知識を使って、積極的に看護業務に活かすことが出来るようになります。

 

 

民間病院

 

民間病院ですと、仕事は診察の補助がメインとなります。基本的に医師の数が少ないですから、サポート業務が多くなってしまうわけですね。そのため、看護師本来の仕事に集中することが出来ないというデメリットがあります。

 

ただ、看護師が行う業務内容が広いために、看護スキルは民間病院の方が総じて高くなる傾向にあります。しかも、科目に特化しているので、専門的なスキルを身に付けることが可能です。なので、手技などのスキルアップをしたい人には最適の場所ですね。

 

 

以上のように、どちらにも一長一短があるわけです。自分の将来のビジョンを考えて、どちらが良いのかを考えてみてください。そうすれば、おのずと進むべき道が見えてくるはずです。

 

 

おススメのコースとしては、最初に民間病院で3年ほど勤めた後で、大学・国公立病院に転職するという方法です。これだと、手技などの基本スキルを民間で磨くことが出来ますし、その後の大病院で最新情報を手に入れて、さらなるスキルアップが出来るといういわけです。

 

これは一例なので、自分の状況によって考えてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース