派遣看護師を辞めたいと思った時の対処法

派遣看護師を辞めたいと思った時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師には色々な雇用形態があり、派遣社員として働く場合もあります。短期間のみの勤務も可能ですし、残業や勉強会などの参加も無いので拘束時間が少ないメリットがあります。看護師は忙しい職業ですから、プライベートの時間を大切にしたい人に人気がある働き方です。

 

ただ、派遣先の病院の慣習が自分に合わないこともあると思います。少しくらいなら我慢できると思いますが、あまりにも酷ければ雇用期間を満了する前に辞めたくなることもありますよね。そういった時には、どうすれば良いでしょうか。

 

ここでは、派遣看護師が辞めたくなった時の対処法を紹介します。

 

派遣看護師の特徴

 

正規雇用の看護師と違って、派遣看護師は派遣会社と雇用契約を結んでいます。なので、給料や福利厚生に関しては、派遣会社の規約に準ずる形となります。看護師は離職率が高いので、欠員を埋めるために期間限定で派遣職員を雇う病院が多いです。

 

決められた期間だけの雇用ですから、自分の都合に合わせて働けるのが利点ですね。また、色々な科目を経験することができるので、自分のスキルを高めたいという人にも人気が高い働き方だといえるでしょう。

 

ただし、賞与や有給がありませんから、正規雇用の職員よりも待遇面で不利となってしまいます。仕事量はほとんど変わりませんので、待遇が悪いことに納得できないことがあるかもしれませんね。

 

⇒派遣で働く看護師のメリット・デメリット

 

 

派遣の実態について

 

色々とメリットの多い派遣看護師ですが、実際に働いてみると問題点があったりします。それは、教育制度が整っていない場合が多いことですね。先述したように、派遣看護師が必要とされるのは、人員の補てんのためです。

 

なので、業務の流れやルールなどの説明なしに、現場に出されてしまうことがあります。人手が足りていないですから、教育にまで手が回っていないわけです。「知っているのが当たり前」という扱いを受けがちなので、即戦力が期待されます。

 

また、期間限定で働くわけですから、教育に時間を割くのが勿体ないという考え方もあります。仕事を教えて一人前になったとしても、雇用期間が過ぎれば辞めるわけなので多くの時間をさけないという事情もあるわけです。

 

 

雇用期間が終わる前に辞めたくなったら

 

先述したように、派遣先によっては満足に仕事が出来ないことがあります。もちろん、働きやすい職場も多いですが、全てがそうではありません。どうしても続けることが難しいのであれば、派遣会社に相談をしてみましょう。

 

やってはいけないのが、病院側に伝えてしまうことです。派遣看護師の雇用主は、派遣会社となっています。なので、派遣会社に相談しなければ、何も解決しません。状態の改善が必要なのであれば、派遣会社から病院側に伝えてくれるはずです。

 

それでも解決できないなら、退職の方向で話を進めてください。派遣会社に伝えれば、他の職場を紹介してもらえるでしょう。

 

 

もし、退職するのであれば、業務の引き継ぎなどをしっかりと行うことが大切です。人の命を扱う仕事なので、伝達ミスなどがあれば事故に繋がります。ですから、自分の担当患者の情報は、後任の方にすべて伝えるようにしましょう。

 

そして、今までお世話になった人たちへの挨拶も、忘れないようにしてください。短い期間であったとしても、ちゃんと挨拶をするのが社会人としてのマナーだといえます。

 

 

 

以上、派遣看護師の退職について紹介しました。職場にも事情がありますから、働きづらい場合もあります。なので、自分なりに解決方法を探してみて、やむを得ないときには退職を決意するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース