看護師の給料について

給料について記事一覧

看護師が休職中に利用できる支援制度とは?

看護師の仕事がハードなのは、かなり有名な話ですよね。夜勤だと16時間以上も連続で勤務することがありますし、人の命を扱う仕事なので精神的なストレスも相当なものです。なので、体力が続かずに、退職してしまう人も多い業界です。また、退職までいかなくても、長期間の休職状態になることもあるので、日頃から体の健康...

≫続きを読む

看護師の給与明細の見方について。所得控除と税金について知ろう。

毎月の給料日が近づくと、気分がウキウキしますよね。職場から給与明細をもらうのを、楽しみにしている人も多いと思います。しかし、給与明細の内容について、細部まで確認している人は少ないでしょう。実は、給与明細には、基本給や各種手当て、控除額などが記載されています。手当てが反映されていないことがあるかもしれ...

≫続きを読む

看護師の年収をアップさせる秘訣とは?転職やキャリアアップについて。

一般的に、看護師の給料は高いと言われていますよね。たしかに、他の業種と比較すると、もらえる金額は多いと思います。でも、仕事内容が非常にハードですし、現役の看護師からすると割に合わないと感じている人もいます。仕事量に見合った給料をもらえないと、モチベーションが下がってしまいますよね。今の収入に納得でき...

≫続きを読む

看護師の産休・育児休暇について。出産手当金・育児休業給付金を申請しよう。

看護師の仕事は、一般の仕事よりも高収入が期待できます。新卒看護師の初任給は約27万円となっており、一般平均の20万円よりも多いです。また、職業別の年収ランキングでも、看護師は常に上位にランクインしています。男女の格差が少ない業界なので、女性であっても活躍できる貴重な仕事だといえますね。ですから、安定...

≫続きを読む

看護師のボーナス支給額はどれくらい?年齢別に金額をまとめました。

毎月の給料以外に、臨時収入が入ってきたら嬉しいですよね。なので、年に2回のボーナスを楽しみにしている人は多いでしょう。とはいっても、最近は不景気ですから、スズメの涙ほどの金額しかなかったり、最悪の場合だと全額カットになる企業もあります。高収入だと言われる看護師の場合だと、ボーナス額はどうなっているの...

≫続きを読む

国際看護師の年収相場について。グローバルに活躍できる看護師を目指そう

日本国内では、看護師不足が社会問題になっていますよね。それと同じように、海外でも看護師不足が問題になっている国が多いです。そこで、日本で看護師免許を取得してから、海外の病院で働く看護師の方も増えています。海外の看護師の特徴としては、医師と立場が対等という点が大きな違いですね。医師よりも高学歴の看護師...

≫続きを読む

パート・アルバイトの看護師が知っておくべき、103万円、130万円の壁とは?

出産や育児で退職した看護師が、パート・アルバイトの非常勤で復職するケースは多いです。看護師の資格を持っていれば高時給で働くことができるので、会計の助けになるでしょう。でも、だからと言って稼ぎすぎてしまうと、税金で損をするので注意が必要です。一般的に、「103万の壁」とか「130万円の壁」と言われるも...

≫続きを読む

パート・アルバイト看護師の給料事情について

女性が多い看護師の世界では、結婚や出産を機に退職をする人が多いです。こういった理由からも、看護師の離職率が高いわけですね。しかし、子育てが落ち着いてくると、医療の現場に戻りたいという人も増えます。夫の収入だけでは心細いという人もいますし、看護師という仕事に誇りを持っていて、再び復職したいと考える人も...

≫続きを読む

ボーナスを受け取ってから転職するときの注意点

看護師の仕事は一般職よりも高収入が魅力ですが、仕事内容がハードですし、人の命を扱うために精神的なプレッシャーが高いというデメリットがあります。ですから、離職率が非常に高くなっており、転職を考えている看護師は少なくないはずです。もちろん、条件の良い職場で働きたいのは誰でも同じですから、転職をするのは悪...

≫続きを読む

看護大学卒と専門学校卒では、給料に差があるのか?

正看護師の資格を取るには、いくつかのルートがあります。一般的なのは、「大学」か「専門学校」のいずれかで勉強をして、看護師国家試験に合格することです。どちらルートでも看護師免許を取得することができますが、就職してからの給与が気になる所ですよね。大学なら4年間の学習が必要ですが、専門学校だと3年で卒業す...

≫続きを読む

准看護師と正看護師の給料の違いについて

看護師の資格には、2つの種類があります。それが、「准看護師」と「正看護師」の2つですね。名前は似ていますが、できる仕事の範囲などが違います。少しでも早く看護師として仕事がしたいなら、准看護師の資格は17歳で取得することが可能です。正看護師だと、最短でも21歳となってしまうので、3年も差があることにな...

≫続きを読む

助産師の仕事内容と給料について

女性であれば誰でも、赤ちゃんに対する関心が強いと思います。なので、看護師の資格を取得してから、助産師を目指す人も少なくないですね。出産の現場で赤ちゃんを取り出す仕事ができるので、新しい命が生まれる瞬間に立ち会うことができます。少子化や未婚者の増加などで赤ちゃんが減っている現状もありますが、社会的な意...

≫続きを読む

保健師の仕事内容や給料について

「保健師」という言葉を聞いても、あまりピンと来ないかもしれません。保健師は公衆衛生を主な仕事としており、病気の予防や健康を促進するための指導を行う職業のことです。看護師から保健師の資格を取得する人もいて、ステップアップの資格として人気があります。転職活動をするにも、保健師の資格があると選択肢が大幅に...

≫続きを読む

夜勤専従と日勤のみの看護師の給料を比較

看護師の仕事は、2交代や3交代での勤務が一般的だと思います。病棟だと色々な患者さんが入院していますので、24時間体制で看護にあたらなければいけません。深夜に容体が急変する可能性もありますから、少しの間も気を抜けないわけです。でも、夜勤や日勤を交互にこなしていくと、生活のバランスが崩れてしまって疲れが...

≫続きを読む

看護師の管理職での給料について。看護師長・看護主任を目指そう

一般の会社と同じように、看護師もキャリアを重ねることで管理職に昇進することができます。自分の看護業務に集中するだけでなく、周りのスタッフに指示を出して組織をまとめる役割になっていくわけです。そうすると、責任も大きくなりますから、給料や待遇面でも優遇されるようになります。具体的には、役職手当などが加算...

≫続きを読む

民間病院と国公立病院における待遇の差とは?

看護師として転職を考えた時に、民間病院と国公立病院で迷うことがあるでしょう。それぞれに独特の雰囲気があって待遇面でも違いがありますから、それらを知ったうえで転職先を決めた方が良いですね。一概にどちらが優れているかは微妙ですが、自分の目的に合った職場を選ぶことで転職に失敗することは無くなるはずです。ど...

≫続きを読む

労災病院の教育体制と給料について

看護師の転職先としては、民間病院と国公立病院が一般的ですよね。しかし、労災病院という選択肢もあります。勤労者医療の中核的な役割のために設立された病院で、働く人の健康をサポートするための仕事を行っています。かなり教育制度が充実しているので、看護スキルを高めたい方に人気が高いです。全国に34の病院しかあ...

≫続きを読む


TOP 職場環境について 新人ナース