助産師の仕事内容と給料について

助産師の仕事内容と給料について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性であれば誰でも、赤ちゃんに対する関心が強いと思います。なので、看護師の資格を取得してから、助産師を目指す人も少なくないですね。出産の現場で赤ちゃんを取り出す仕事ができるので、新しい命が生まれる瞬間に立ち会うことができます。

 

少子化や未婚者の増加などで赤ちゃんが減っている現状もありますが、社会的な意義のある仕事ですから人気が高いです。一般的に、看護師よりも高待遇になることが多いので、キャリアアップ目的としても目指す人がいます。

 

ここでは、助産師の仕事や給料について紹介します。

 

助産師の仕事内容について

 

助産師の仕事といえば、「赤ちゃんを取り出すこと」というイメージが強いですよね。もちろん、それも重要な仕事内容ですが、他にも色々な役割があります。細かな仕事は様々ですが、大きく分けると「妊婦や新生児に対する保健指導」が主な仕事です。

 

たとえば、産前・産後の妊婦さんに対して、食事や運動などに対する指導を行います。また、出産後の授乳の方法や乳児の健康管理などのアドバイスもありますね。つまり、安全に出産を成功させたり、産後に健康的な生活ができるようなフォローを全般的に行うわけです。

 

ちなみに、助産師の資格は男性が取得することはできません。出産というデリケートな問題を扱いますから、女性だけが行える仕事なんですね。ですから、女性同士で妊婦の目線に立ったケアをすることが求められます。自分が出産の経験があるのであれば、それを元にアドバイスをすることなどが重要だと思います。

 

 

助産師の給料

 

一般的には、助産師の方が看護師よりも高収入になる場合が多いですね。月収でいうと、25〜35万円ほどとなっています。平均年収だと、540万円ほどになるようです。看護師の平均年収が470万円ですから、かなりの差があることになります。

 

ただし、仕事内容は非常にハードです。出産に関しては、いつ陣痛が始まるか分かりませんし、出産が何時間になるかも予想できません。なので、勤務時間が不規則になってしまい、予想外に長時間労働となることもあります。

 

さらに、最近だと産婦人科医が減っているので、助産師の負担が大きくなっています。ですから、2交代制で夜勤が多くなってしまい、休日出勤をすることも少なくありません。

 

こういった理由から、夜勤手当や休日手当などにより収入が増えるわけですね。看護師よりも忙しくなるでしょうから、ある程度は覚悟が必要となります。

 

 

助産師に向いている人

 

メンタルが強い

 

助産師の仕事は、新しい命の誕生に立ち会うことができる素晴らしい仕事です。赤ちゃんが生まれた時の感動は、何物にも代えられないでしょう。しかし、いつも良い事ばかりが起きるわけではありません。

 

流産や死産など、良くない結果で終わることもあるわけです。こういった時にショックを受けてしまっていては、仕事を続けていくのは難しいと思います。また、落ち込んでいる家族の方を励ますのも助産師の仕事ですから、強い精神力を持って業務を行う必要がありますね。

 

なので、子供が好きという気持ちだけでは、務まらない仕事だということを理解しておきましょう。

 

 

体力がある

 

先述したように、助産師の仕事内容は非常にハードです。夜勤や休日出勤が続くこともあるので、なかなか休みが取れなかったりします。また、出産が長時間に及ぶことも珍しくないですから、緊張感を保ったまま仕事をする必要があります。

 

こういった状況が日常的に続くわけですから、体力が無いと出来ない仕事です。

 

 

優しさ

 

出産を控えている患者さんは、強い不安を抱えています。特に、初めての出産であれば、精神的にもナーバスになっているかもしれません。そういった場合に、優しく声を掛けて不安を和らげるのも助産師の仕事と言えます。

 

忙しい業務に追われて対応が疎かになりがちですが、優しくコミュニケーションを取るのは非常に大切なことです。ですので、優しい気持ちを持って患者と接することが大切ですね。

 

 

助産師になるには

 

助産師の資格を取得するには、看護師の資格を持っている必要があります。4年制の看護大学では、助産師の養成カリキュラムを受けられる場合があります。その場合だと、看護師と助産師の国家試験の受験資格を同時に得ることが可能です。

 

専門学校や短大から看護師になった人であれば、助産師養成校に入学して1年以上学ぶことで国家試験の受験資格を得ることができます。国家試験の合格率は90%を超えているので、そこまで難しくはないですね。

 

ただし、助産師養成校の数が少ないので、入学への倍率が非常に高くなっています。だから、国家試験に合格するよりも、助産師養成校に入ることの方が難しいという現状があります。なので、頑張って勉強をして入学試験を通過できるようにしましょう。

 

 

助産院を開業する道もある

 

助産師の資格を持っていると、自分で助産院を開業することができます。正常な自然分娩であれば医師の指示が無くてもできるので、個人事業主として一人で開業も可能ですね。ただ、何かしらも異常がある場合には医師の判断が重要なので、素早く病院へ搬送できるようなフローを確立しないといけません。

 

独立起業をすれば年収1,000万円も夢ではないので、最終目標として開業を目指す人が多いです。ただし、少子化が進んでいますから、経営が難しくなることもあります。産婦人科も減っているという現状もあるので、上手くやらないと軌道に乗せるのは困難ですね。

 

 

 

以上、助産師の仕事や給料について解説をしました。看護師からステップアップしたいなら、資格の取得を目指しても良いですね。高収入が期待できる仕事ですから、自分の可能性を広げたい人に最適だと言えるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース