保健師の仕事内容や給料について

保健師の仕事内容や給料について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「保健師」という言葉を聞いても、あまりピンと来ないかもしれません。保健師は公衆衛生を主な仕事としており、病気の予防や健康を促進するための指導を行う職業のことです。看護師から保健師の資格を取得する人もいて、ステップアップの資格として人気があります。

 

転職活動をするにも、保健師の資格があると選択肢が大幅に広がります。なので、将来のキャリアプランとして、保健師として働くことを考慮してみても良いでしょう。看護師とは違って緊急性の高い仕事ではないので、病院の雰囲気が苦手な人にも向いている仕事です。

 

ここでは、保健師について解説します。

 

保健師の仕事内容とは

 

仕事内容を一言で表すと、「病気にかかるのを防止して、健康的な生活ができるような指導を行うこと」だといえます。看護師の仕事は病気や怪我を治すのがメインですが、保健師の仕事は病気や怪我をしないようにするのが主な仕事です。たとえば、健康診断や予防接種、健診などがありますね。

 

現代人は食生活が偏っているので、生活習慣病の予備軍がたくさんいます。健康診断などで病気の可能性が見つかったら、適正な指導を行って病気のリスクを減らしたりするわけです。また、指導中に異変の兆候が見られたら、医師の診察を受けるように促したりもします。直接的な治療行為はありませんが、かなり大切な仕事だといえるでしょう。

 

人々の健康指導を行うには、幅広い知識が必要となります。子供からお年寄りまであらゆる人が対象となるので、それぞれの状況に合ったアドバイスが出来ないといけません。そのためには、高い観察力と広い知識が重要だといえます。

 

 

保健師の勤務する場所について

 

多様なニーズのある保健師は、働ける場所が多いです。具体的には、以下のようなものがあります。

 

 

行政機関

 

保健所や市役所などの地方自治体で、公務員として働くことができます。これが、最も一般的な勤務先となりますね。地域住民の健康を守るために、健康診断や健康相談を行ったりするわけです。さらに、自宅療養している人の家に訪問して、個別に健康指導を行ったりもします。

 

また、地方公務員となりますから、色々な事務処理などの対応に追われることもあります。

 

 

一般企業

 

産業保健師として、普通の企業で勤める人もいます。最近だと、うつ病や統合失調症などの精神的な疾患を抱える人が増えてきました。一般企業もそういった従業員のケアのために、産業医や産業保健師を雇うわけです。

 

メンタルヘルスの対策をしたり、従業員の健康診断を行ったり、業務が円滑に進むようなサポート業務が主な仕事となりますね。給料体系は企業の規定に準ずるので、結果を出せば出世することもできるでしょう。

 

 

学校

 

生徒や先生の健康を管理する、学校保健師という仕事もあります。健康診断やプールの水質検査、空気検査など、環境衛生に関する仕事なども行いますね。保健室の先生である養護教諭と似ていますが、教員免許が必要ないので保険の授業などはできません。

 

思春期の子供が対象となりますので、コミュニケーションや対話を大切にしながら仕事をする必要があります。

 

 

保健師になるには

 

国家試験に合格することで、保健師の資格を取得することができます。そして、その前に看護師の資格を持っている必要があります。4年制の看護大学であれば、保健師のカリキュラムを導入している所もあります。なので、看護師と保健師の受験資格を同時に得ることができますね。

 

また、専門学校や短大から看護師になった人は、以下のどちらかの条件を満たしましょう。

 

  • 文部科学大臣の指定校で、保健師の学科を6か月以上履修する
  • 厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業する

 

国家試験の合格率は80〜90%となっており、特に難しいわけではありません。普通に勉強をしていれば、問題なく取得することができるでしょう。

 

 

保健師の給料について

 

勤める場所にもよりますが、平均すると月収34万円ほどとなっています。年収でいうと、450万円くらいになりますね。看護師の平均年収が470万円なので、それよりも少し低くなっています。これは、夜勤が無いので夜勤手当が付かないことが理由ですね。

 

保健所や市役所勤務だと、公務員の規定に沿った給料となります。国家公務員一般職の医療職俸給表(三)に該当する金額ですね。また、時間外の業務に関しては、「救急呼出手当」をもらうことができます。

 

病院勤務であれば、夜勤などが増えるので収入も高くなる傾向です。日勤では健康相談などの業務を行って、夜勤では看護師と同じ業務を行います。

 

 

 

以上、保健師の仕事内容や給料について紹介しました。病院以外の場所で働きたいのであれば、保健師の資格を持っている方が得ですね。資格が多いほど将来のキャリアに繋がりやすいので、できるかぎり取得しておいた方が良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース