看護師の管理職での給料について

看護師の管理職での給料について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

一般の会社と同じように、看護師もキャリアを重ねることで管理職に昇進することができます。自分の看護業務に集中するだけでなく、周りのスタッフに指示を出して組織をまとめる役割になっていくわけです。

 

そうすると、責任も大きくなりますから、給料や待遇面でも優遇されるようになります。具体的には、役職手当などが加算されるので、基本給が高くなったりしますね。将来は管理職を目指している人も多いでしょうから、頑張っていきましょう。

 

ここでは、管理職の給料について解説をします。

 

看護師の役職について

 

看護師の組織を束ねる役職には、いくつかの種類があります。大きく分けると、以下の3つですね。

 

総看護師長(総師長) 現場の看護師の中でトップに立つ役職です。一般の企業で例えると、部長という肩書になりますね。なので、看護部長と言われることもあります。長年のキャリアを持った高いレベルの看護師しかなれません。「認定看護管理者」などの資格が、必須である場合が多いです。人事考課や採用、看護方針など、重要事項を決定する権限を持っています。
看護師長 現場の各部署の責任者となるポジションですね。一般企業だと、課長に匹敵する役職となります。大きな総合病院だと、各病棟に1人の看護師長がいる場合が多いです。定例会議による各病棟との意見交換や新人の指導などの業務を行います。
看護主任 10年以上のキャリアを持つ看護師が、就くことのできる役職です。看護師長をサポートするのが主な仕事となります。師長の指示を職員に伝えたり、現場の問題点を報告したりといった業務ですね。キャリアアップの登竜門となる大切な役職です。

 

役職に就くためには、長年のキャリアだけでなく、同僚や上司とのコミュニケーション能力も重要となります。組織のリーダーになるためには厚い人望が必要となるので、日頃から周りと信頼関係を築けるように意識すると良いでしょう。

 

 

役職に就くことによる収入の変化

 

先述したように、役職に就くことで看護師の給料に「役職手当」が付くことになります。もちろん、上に行くにつれて役職手当も増えていきます。主任クラスで2〜5万円、看護師長で4〜8万円、総看護師長で10万円以上の手当てになることが多いです。

 

基本給にプラスして手当てが付くので、収入を増やすことができます。しかし、管理職になるとマネジメントが主な仕事となりますから、夜勤などで出勤する機会が大幅に減るようになります。そうすると、夜勤手当が付きませんので、年収が下がってしまうこともあるようです。

 

フルで夜勤で働くと、夜勤手当だけで10万円を超えることも珍しくありません。なので、年収アップだけを目的にするのであれば、役職についても旨味は少ないといえますね。

 

 

看護主任になるには

 

看護主任の役割としては、チームリーダーとなることですね。通常の業務をこなしつつも、周りのメンバーをまとめなくてはいけません。さらに、上司である看護部長のサポートなども行います。

 

一般的に、看護主任に抜擢されるには、10年ほどの臨床経験が必要となります。また、リーダーシップを取って周りの人間をまとめるスキルも必要となるので、日頃からの働きぶりが評価されますね。

 

ある程度のキャリアを積むと、師長から主任試験を受けるように勧められると思います。役職手当が付くので年収はアップしますが、それなりに責任が重くなるので緊張感を持って仕事をしないといけません。

 

 

看護師長になるには

 

看護部の最高責任者である看護師長は、病院内の中間管理職に位置します。部署内のスタッフを統括したり、新人の教育なども任されることが多いです。看護における広範な知識や技術が必要ですし、統率力も求められる重要なポジションとなります。

 

看護師長の年齢は、平均して46歳程度だと言われています。なので、看護主任を10年以上務めてから昇進することが多いようです。昇進試験などもありますしポストが限られるため、かなり狭き門だといえますね。

 

ただ、看護師として目指すべき役職だと思うので、将来的な目標として考えてみましょう。

 

 

看護部長を目指すには

 

役職についても大幅に年収がアップするわけではないですが、看護部長クラスになると年収は大きくなります。看護部長の平均年収は、600〜700万円程度だと言われています。大きな病院になると、年収1,000万円を超えることもあるようです。一般看護師の平均年収は470万円ですから、かなりの差がありますよね。

 

ただ、看護部長まで上り詰めるには相当な努力が必要で、平均勤続年数が26年、平均年齢が55歳となっています。離職率の高い看護師の世界で、これだけ長く勤めるのはスゴイことだと言えるでしょう。

 

また、看護師業界は職員の数と比べて役職が少ないので昇進のチャンスが少ないと言われています。ただし、離職率が非常に高い業界ですから、長く勤めることで昇進できる確率は上がっていくはずです。

 

ですから、向上心を持ちながら、長く働くことを目標に頑張ってみてください。

 

 

 

以上、管理職の看護師の給料について解説をしました。キャリアアップのためには、主任以上の役職に就くのが必要不可欠です。なので、自分の看護スキルを磨きながら、昇進のチャンスを待つようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース