労災病院の教育体制と給料について

労災病院の教育体制と給料について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の転職先としては、民間病院と国公立病院が一般的ですよね。しかし、労災病院という選択肢もあります。勤労者医療の中核的な役割のために設立された病院で、働く人の健康をサポートするための仕事を行っています。

 

かなり教育制度が充実しているので、看護スキルを高めたい方に人気が高いです。全国に34の病院しかありませんが、医療の水準も高いのでスキルアップに興味のある人は転職先の候補として考えてみましょう。

 

ここでは、労災病院について解説をします。

 

福利厚生が充実した労災病院

 

労災病院は、労働者健康福祉機構が運営している病院です。働く人々の生活を医療の面からサポートするのが目的で、治療からリハビリまで職場復帰に関するプロセスを一貫して支援しています。

 

ICUやMRI、ガンマナイフなど、先進の医療技術を駆使した設備が整っており、国内最高水準の医療を提供している病院です。なので、ここで経験を積むことで、専門的なスキルを磨くことができますね。

 

 

また、労災病院には福利厚生が充実しているのも魅力で、職員寮や保育施設、社会保険や退職金などが整っています。ですから、単身者でも安心して生活ができますし、小さい子供がいても働くことができるわけです。こういった面からも、希望者が多い理由となっていますね。

 

ただし、平均年収は450万円くらいなので、民間の病院よりは若干少ないです。

 

 

質の高い教育体制もある

 

労災病院の魅力として、教育体制を挙げる人もいます。一般的な病院よりも教育カリキュラムが充実しており、新人教育やクリニカルラダーなどを取り入れています。また、先輩看護師がマンツーマンで指導するプリセプター制度を導入していることもあり、基礎から徹底的にスキルを磨くことが可能です。

 

さらに、看護協会主催の研修会や学会の勉強会などへの参加も積極的に行っています。このように、カリキュラムが豊富に設けてあるので、新人から管理職までの幅広い教育が可能となっているわけです。

 

自分のスキルに自信が無かったり、もう一度基礎からやり直したいという理由から、転職を目指している看護師も多いですね。

 

 

キャリアアップに生かせる環境

 

先述したように、労災病院には充実した教育内容があるので、他の病院では得られない経験ができるはずです。給料が少ないというデメリットがありますが、自分のスキルを磨くことでキャリアアップのチャンスがやってくるでしょう。

 

実際、労災病院で3〜4年のキャリアがあると、民間病院への転職の際にも優遇されることがあります。高いスキルを持っている証明となるので、キャリアを積み重ねる場所としては非常におススメできます。

 

かなりの高待遇で転職できる可能性があるので、将来的には年収アップも夢ではないでしょう。看護師として成長したいなら、労災病院での経験は為になると思います。

 

 

 

以上、労災病院について解説をしました。看護師が働ける場所は多いですし、選択肢の一つとして入れておくと良いですね。自分の可能性を広げるためにも、転職を考えてみても良いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース