看護師の給与明細の見方について

看護師の給与明細の見方について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

毎月の給料日が近づくと、気分がウキウキしますよね。職場から給与明細をもらうのを、楽しみにしている人も多いと思います。しかし、給与明細の内容について、細部まで確認している人は少ないでしょう。

 

実は、給与明細には、基本給や各種手当て、控除額などが記載されています。手当てが反映されていないことがあるかもしれませんし、余計な天引きが無いかどうかを確認しておいてください。また、所得控除についての知識があれば、税金を安く済ませることもできます。

 

なので、給与明細の読み方について知っておいてください。

 

給与明細の内訳について

 

給与明細に記載されいている内容には、大きく分けて3つの項目があります。それが、「就業項目」「支給項目」「控除項目」の3つです。順番に解説をするので、覚えておいてください。

 

就業項目

 

ここには、出勤日数や欠勤日数、夜勤や残業をした時間などが記載されています。ここに書かれた内容によって、支給される給料を計算しています。この数値にミスがあると、給料が減ってしまったりするので注意してください。特に、残業時間の計算については、ちゃんとチェックをしましょう。

 

 

支給項目

 

支給項目とは、職場から支払われた金額の明細です。基本給と各種手当ての内訳が記載されていますね。それらを合計したものが、支給額となっています。

 

看護師の給料に関しては、「所定内給与」と「所定外給与」の2つに分類されます。この2つの意味を理解していることで、給与明細の内容を素早く確認することが可能です。

 

所定内給与とは、時間外労働以外の給与分のことですね。つまり、基本給と定例的に支払われる手当となります。定例的な手当とは、家族手当や通勤手当、資格手当や役職手当といったものです。欠勤や早退などが無い限り、所定内給与は毎月同じ金額となるはずです。

 

基本給に関しては、勤続年数や年齢、学歴などの本人の属性、勤務形態や役職、資格などのスキルによって総合的に決められます。また、上記の就業項目も加味して、基本給が計算されます。

 

 

そして、所定外給与に関しては、時間外の勤務に対する給与を意味します。これには、残業手当や休日手当、夜勤手当などが含まれます。看護師の場合は、この所定外給与の金額が大きくなるので、一般的な職種よりも高収入となりますね。

 

ただ、医療施設によって、所定外給与の手当の金額が異なります。看護師の仕事は、医療施設の規模や地域で収入格差が激しく、都心部の大きな病院に行くほど手当の金額が大きくなりやすいです。

 

 

控除項目

 

基本給と諸手当を足したものが支給額となりますが、そこから税金や保険料などが天引きされます。この天引きされる項目を「控除項目」といいます。額面の金額が多くても控除額も多ければ、手取りの給料は少なくなってしまいます。

 

税金に関しては、所得税と住民税がありますね。所得税は、源泉徴収から毎月引かれて、年末調整で清算します。また、住民税は前年の所得から一定の税率で支払う必要があります。

 

保険料については、健康保険料や介護保険料、厚生年金保険料や雇用保険料などがあります。これらも、一定の金額が毎月の給料から差し引かれることになっています。

 

 

以上のように、最終的な手取り金額は「基本給+手当て−天引き額」ということになりますね。

 

 

所得控除について

 

給与から差し引かれる税金(所得税、住民税)は、所得から一定の税率を掛けて計算されます。その時に、所得から差し引くことができるものがあります。これを「所得控除」といいますが、全部で15の種類があるので知っておくと良いでしょう。

 

これを覚えておけば、課税所得を減らすことができるので、税金を大幅に安くできる可能性があります。

 

基礎控除 無条件で所得から控除できる
医療費控除 通院や入院をしたときの医療費
配偶者控除 配偶者の収入が一定条件以下の時
配偶者特別控除 配偶者の合計所得が76万円未満の時
扶養控除 子供や老人を扶養している場合
社会保険料控除 年金や健康保険の料金
生命保険料控除 民間の生命保険の料金
損害保険料控除 民間の損害保険の料金
雑損控除 災害や盗難などで損害を受けた場合
勤労学生控除 仕事をしながら勉強をしている場合
寡婦控除 単身のシングルマザーの場合
寡夫控除 単身のシングルファザーの場合
障害者控除 体に何らかの障害がある人
小規模企業共済等掛金控除 共済の掛け金を支払っている場合
寄付金控除 公的機関などへの寄付をしたとき

 

以上の中で、自分に適用できる控除があれば、人事担当に申告をしてください。そうすれば、それだけ税金を安くすることができるでしょう。

 

 

 

以上、給与明細の見方と控除について解説をしました。自分が知らないうちに損をしていることもありますから、毎月しっかりと確認してください。正しい税金の知識を持っていれば、お金を節約することができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース