看護師の年収をアップさせる秘訣とは?

看護師の年収をアップさせる秘訣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

一般的に、看護師の給料は高いと言われていますよね。たしかに、他の業種と比較すると、もらえる金額は多いと思います。でも、仕事内容が非常にハードですし、現役の看護師からすると割に合わないと感じている人もいます。

 

仕事量に見合った給料をもらえないと、モチベーションが下がってしまいますよね。今の収入に納得できないのであれば、年収をアップできるように工夫をしましょう。本人の心がけ次第で、今よりも収入を増やすことは可能です。

 

ここでは、看護師が年収アップさせる方法を紹介します。

 

看護師の給料が高い理由

 

基本給だけで言うと、看護師の給料はあまり高くありません。なぜ看護師の給料が高いのかといえば、夜勤や残業などの手当てが付くからですね。特に、夜勤手当は看護師の給料の大部分を占めるもので、1回あたり1万円以上も出ることがあります。

 

他にも、深夜手当や看護師資格手当、危険手当や通勤手当なども付くので、他の仕事と比較すると10万円以上も高額になることがあるわけです。パッと見は高収入に思えるかもしれませんが、それだけ多く働いているから収入が増えているだけなんですね。

 

 

そして、看護師業界の問題点として、賃金が上昇しにくいということがあります。実は、他の職種と比較しても、看護師の基本給は上昇率が極端に低いです。新卒時の基本給は23万円程度と高いですが、それから30年以上勤めたとしても10万円ほどしか上がりません。

 

ですから、高齢になってきて夜勤が難しくなってくると、収入が減ってしまうリスクがあるわけです。そう考えると、看護師の仕事は一概に高収入とは言えないかもしれませんね。

 

なので、夜勤が少なくても収入を維持できるように、基本給を高めるための努力が必要となります。転職やキャリアアップを行うことで、自分の収入を増やすくことができるはずです。

 

 

キャリアアップして年収を上げる

 

看護師としてキャリアを積むことで、年収をアップさせることができます。色々な付加的な資格を取得すれば、資格の手当てをもらえます。また、婦長などの管理職に昇進しやすくもなるので、収入を増やすことができるわけですね。

 

専門・認定看護師を目指す

 

最もポピュラーな方法としては、専門看護師や認定看護師の資格を取得することです。特定の分野のスペシャリストになれば、相応の手当てをもらうことができます。病院の方針にもよりますが、月額5,000〜20,000円ほどが支給されるようです。

 

大学院や教育機関で学びながら実務経験を積む必要があるので、かなり大変な道のりとなります。しかし、専門性の高い看護師になることができますから、目指す人が多いですね。収入にも反映されるので、目標にすると良いでしょう。

 

 

看護学修士を取得する

 

大学院で看護学を学んで、学位を取得するという道もあります。看護学の修士号を取得すれば、大学病院の研究職に就いたり大学の教員になることができます。看護師よりも基本給が大幅にアップするので、メリットは高いですね。

 

新たな看護師を育てたり、看護観を突き詰めたいと考えているなら、大きな喜びを得られると思います。臨床の現場から離れてしまいますが、こういった道へ進む選択もあります。

 

 

企業への転職

 

病院ではなくて、一般企業へ転職して年収をアップさせることも可能です。特に、外資系の医療メーカーや製薬会社などは、かなりの高収入が期待できることがあります。看護師の資格を持っていれば有利になることも多いので、転職を考えてみても良いかもしれません。

 

外資系だと、平均年収が500〜600万円だったりします。病院のように夜勤もありませんから、体力的にも負担が少なくなります。なので一般企業への転職も視野に入れても良いでしょう。

 

 

年収アップ目的の転職における注意点

 

他の病院へ転職することで、年収アップを目指す方法もあります。これが、最も手軽な方法と言えますね。しかし、求人を探すときには、注意をしないといけません。求人広告に記載されている年収などは、額面で記載されていることが多いです。

 

つまり、基本給に各種手当てが加算された金額ですね。なので、給料が良いように見えたとしても、実際には夜勤や残業などの手当てが大部分を占めていて、基本給は安かったということがあるわけです。

 

それだと本当の年収アップとは言えませんから、転職する時には必ず基本給を確認するようにしましょう。

 

 

また、病院の経営状態を見ることも大切です。病院だと経営が安定しているように思われがちですが、実際には赤字経営が続いている病院も多いです。巨額の負債を抱えて民事再生の申し立てをする場合もあるので、気を付けなくてはいけません。個人のクリニックだけでなく、大きな総合病院でも赤字体質ということがあります。

 

でも、上場企業でない限り経営状況は公開されていないので、外部から判断することは難しいでしょう。ですから、安定した職場で働きたいなら、国公立の病院への転職をおススメします。国公立なら倒産する心配はないので、安心して仕事をすることができますよ。

 

 

 

以上、看護師の年収アップについて解説をしました。夜勤などを増やせば手軽に収入が多くなりますが、体力的に辛くなりますよね。ですから、基本給をアップさせて、本当の意味での年収アップを目指してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース