看護師の産休・育児休暇について

看護師の産休・育児休暇について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の仕事は、一般の仕事よりも高収入が期待できます。新卒看護師の初任給は約27万円となっており、一般平均の20万円よりも多いです。また、職業別の年収ランキングでも、看護師は常に上位にランクインしています。

 

男女の格差が少ない業界なので、女性であっても活躍できる貴重な仕事だといえますね。ですから、安定した職を求めて看護師の資格を取得する人は多いです。ただし、看護師が安定した仕事だとしても、女性であれば妊娠や出産、子育てなど、休業が必要なケースが出てきます。

 

休業中は給料が入ってきませんから、生活の手段を確保する必要がありますね。そういった時には、健康保険や雇用保険からの給付金をもらいましょう。

 

女性看護師が休業するケース

 

看護師の世界は、女性が多く活躍する場所です。一般の女性の平均年収は280万円ですが、看護師の平均年収は470万円となっています。社会的に女性だと収入を得にくくなっていますが、看護師であれば男性に負けないくらいの収入を得ることができるわけです。

 

しかし、女性だと色々な事情があって、仕事が続けられないケースが出てきます。それが、妊娠や出産、子育てなどですね。労働基準法によると、出産予定日の6週前から産前休業を取ることが可能です。そして、出産の翌日から8週間目まで産後休業を取ることができます。

 

また、産後休業の翌日から、赤ちゃんが1歳になるまで育児休業が取れます。(特別な事情があれば、1歳6か月まで延長可能)

 

つまり、産休と育児休暇を取得すると、407日(590日)の休みがもらえるわけですね。これは嬉しいことですが、その間は給料が発生しません。旦那さんがいれば収入は確保できますが、シングルマザーだと生活が苦しくなりますよね。

 

 

出産による給付金を申請しよう

 

健康保険や雇用保険に加入していると、赤ちゃんを産んだ時に給付金をもらうことができます。看護師として働いているのであれば、申請すれば誰でももらえるはずです。休業中は収入が無くなってしまうので、給付金を受け取って生活の足しにしましょう。

 

出産育児一時金

 

これは、健康保険から支給されるもので、子供1人あたり約40万円を受け取ることができます。双子や三つ子だった場合には、それぞれの人数分だけ給付されます。受け取り方法には、「直接支払制度」と「産後申請方式」の2つの種類があります。

 

直接支払制度は、健康保険から病院へ出産費用を直接支払う方式です。これによって、手持ちのお金が無くても、出産費用を支払うことができます。病院で同意書に署名するだけで手続きができるので、かなり手軽な方法ですね。

 

そして、産後申請方式とは、出産が終わった後で自分で申請をして給付を受ける方法です。これだと、最初に自分で出産費用を病院に支払う必要があります。

 

 

出産手当金

 

出産手当金とは、健康保険から支給されるお金です。勤務先の健康保険に加入していれば、正職員でなくても非常勤のパート・アルバイトでも問題ありません。ただし、産休後に仕事復帰することが条件です。また、旦那さんの保険の扶養になっている人は、対象外となります。

 

金額としては、「日給の3分の2×産休の日数」となります。なので、月収30万円の人であれば、日給1万円の3分の2×98日(産休の日数)で約653,000円が支給されるということです。

 

申請方法は、「出産手当金支給申請書」に記入をして健康保険組合に提出します。医師の記入欄もあるので、産婦人科へ持って行って書いてもらいましょう。

 

 

育児休業給付金

 

これは、雇用保険から支給されるお金で、育児休暇の期間中に受け取ることができます。給付の条件としては、以下の通りです。

 

  • 過去2年間に12カ月以上働いている
  • 雇用保険に加入している
  • 休業中に給料の8割以上をもらっていない
  • 毎月20日以上の休業がある
  • 休業後に復職する予定がある

 

以上の条件をすべて満たせば、給付金を受け取ることができます。金額としては、「月収の50%×休んだ月数」となります。なので、月収30万円であれば、15万円×12カ月で180万円が給付されるということです。勤務先で手続きをしてもらえるので、担当者に確認してみてください。

 

 

 

以上、看護師が産休・育児休暇中にもらえる給付金を紹介しました。休業中は収入が無くなるので、かなり不安な思いをするはずです。ですから、給付金を受け取ることで、不安を解消させるようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース