看護師のボーナス支給額はどれくらい?

看護師のボーナス支給額はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

毎月の給料以外に、臨時収入が入ってきたら嬉しいですよね。なので、年に2回のボーナスを楽しみにしている人は多いでしょう。とはいっても、最近は不景気ですから、スズメの涙ほどの金額しかなかったり、最悪の場合だと全額カットになる企業もあります。

 

高収入だと言われる看護師の場合だと、ボーナス額はどうなっているのでしょうか。ボーナスが年収に占める割合は大きいですから、かなり気になりますよね。ここでは、看護師のボーナス支給額をまとめてみました。

 

これから看護師を目指す人や他の病院へ転職を考えている人は、参考にしてみてください。

 

ボーナスの査定について

 

基本的に、ボーナスは年に2回支給されるのが普通です。この金額はどのように決まるのかというと、決められた査定期間の中でどのような実績を出したのかということです。たとえば、4月〜9月の実績が12月のボーナスに反映されます。そして、10月〜3月の実績が6月のボーナスに反映されることになります。

 

何が評価されるのかというと、職場への貢献度についてですね。率先して夜勤の勤務を行ったり、患者さんとのコミュニケーションに力を入れたり、業務の改善点の意見を出したりといったことです。

 

そういった日頃の努力が評価されれば、ボーナスの金額として反映されるでしょう。もしも、思うような金額がもらえないなら、自分の評価が低いということになります。もっと評価されるように、工夫をする必要がありますね。

 

 

1年目の賞与について

 

看護師1年目の場合だと、夏の賞与は期待できません。そもそも査定期間に入っていないので、評価対象にならないからですね。しかし、病院によっては寸志程度の金額を支給してくれるかもしれません。

 

ですから、本格的に賞与がもらえるのは、冬のボーナスからとなります。冬のボーナスは、査定期間が4月〜9月までなので、満額の支給があります。金額としては、20〜40万円程度が多いようです。ですので、12月の支給まで頑張って働いてください。

 

入職して1年目だと、色々なストレスが溜まって辞めたくなる人もいるでしょう。仕事のハードさや上司との人間関係などで、悩んだりするケースが多いです。でも、冬のボーナスを目標にしておけば、多少の嫌なことがあっても我慢できると思います。

 

 

看護師のボーナスの金額とは?

 

厚生労働省の統計によると、一般サラリーマンの平均ボーナスは55万円となっています。それに対して、看護師の平均ボーナス額は80万円です。実に、25万円もの差があるわけです。

 

一般の企業だと景気に左右されてボーナス額も変動しますが、医療・福祉関連の施設は景気に関係なくボーナスが支給される傾向にあります。看護師の資格は不況に強いと言われていますが、収入の安定性も格段に高いということですね。

 

また、年齢別の平均ボーナス額は、以下の通りです。

 

20〜24歳 488,375円 45〜49歳 876,656円
25〜29歳 748,570円 50〜54歳 1,031,726円
30〜34歳 781,557円 55〜59歳 988,782円
35〜39歳 788,882円 60〜64歳 809,216円
40〜44歳 839,599円 65〜69歳 533,100円

平成25年 賃金構造基本統計調査

 

表を見て分かる通り、25歳から一気に金額が上昇していますよね。20代前半は新人としての下積み期間ですから、それを超えることで一人前として認められるわけです。また、50代になると大台の100万円に届いていますね。これくらいの年代だと婦長として管理職に就く人も増えるので、ボーナス額も跳ね上がります。

 

ただ、この表は平均値ですから、病院の規模や地域、自分の評価などによって誤差が生じます。最もボーナスに影響するのが、病院の規模ですね。やはり、首都圏の大学病院などになると、職員の数も1000人以上で相当な大規模となります。そういった病院だとボーナスも高くなる傾向にあるので、平均を大幅に上回ることもあるようです。

 

 

また、「決算賞与」を取り入れている病院もあります。決算賞与とは、病院の決算時に利益が出ていれば、それを職員に還元するというものです。つまり、特別ボーナスといった感じですね。3月決算の病院が多いので、2月くらいに決算賞与が出る可能性があります。

 

こうすることで病院も節税対策になるので、臨時ボーナスを出すわけですね。ですから、転職する時には、手術の症例数が多くて儲かっていそうな病院を選択するのもコツだといえます。ただ、それだけを目当てにするのは本末転倒ですから、過度に意識しない方が良いでしょう。

 

 

以上、看護師のボーナスについて紹介をしました。一般の職種と比較すると、看護師の収入は高い傾向にありますね。女性でも高い年収を得ることができるので、看護師は根強い人気のある資格です。施設によってボーナス額も変わりますから、転職する際には確認するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース