国際看護師の年収相場について

国際看護師の年収相場について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本国内では、看護師不足が社会問題になっていますよね。それと同じように、海外でも看護師不足が問題になっている国が多いです。そこで、日本で看護師免許を取得してから、海外の病院で働く看護師の方も増えています。

 

海外の看護師の特徴としては、医師と立場が対等という点が大きな違いですね。医師よりも高学歴の看護師もいますし、自分の意見をハッキリということが求められます。医療に対する意識が高いので、キャリアアップとしては最高の環境だと言えるでしょう。

 

また、日本よりも高収入を得ることができるので、夢が広がる世界です。

 

世界の医療の現状について

 

海外においては、国によって医療制度が大きく異なります。日本だと医療費の70%は、国が負担していますよね。でも、海外だと100%負担してくれる国から、ほとんどを民間企業に依存している国まで色々あるわけです。

 

そして、各国に共通している問題点として、「看護師の不足」が挙げられます。そのため、積極的に外国の看護師を受け入れている国が多いですね。日本でも十分に職を探すことができるでしょうが、グローバルに活躍したいと思っている人には大きなチャンスだといえます。

 

国際看護師として働くメリットは、十分な発言権が与えられていることや教育制度が充実していること、高収入が期待できることなどがあります。意識の高い人にとっては、日本よりも働きやすい環境だと思います。

 

 

実際、海外の年収相場を比較すると、以下のようになります。

 

日本 470万円 イギリス 490万円
オーストラリア 500万円 アメリカ 620万円

 

こうやって見ると、アメリカが突出して高収入であることが分かりますね。ただ、アメリカは看護師の資格が細分化されているので、資格によって年収は大きく変わるようです。大学院で看護学修士を取得したMSN (Master of Science in Nursing Major) だと、年収で1,000万円を超えることがあります。

 

 

国別の看護師の事情について

 

イギリス

 

医療保険の100%を国が負担しているイギリスは、医療についての関心が非常に高いです。看護教育にも定評があるので、スキルアップには適した国だといえます。ただし、無料で医療が受けられる環境ですから、常に患者が溢れかえっていて手が回らない状態です。

 

実際、手術を受けるまでに2年以上の予約待ちがあったり、人手不足から医療ミスが頻発したりしています。こういった社会問題を抱えていることから、国を挙げて看護師の増員に力を入れているという現状があります。

 

日本で看護師免許を取得している人は、日本での実績を審査されて合格かどうかが決まります。かなりの経験値を積むことができるので、おススメの現場です。

 

 

オーストラリア

 

オーストラリアでは、医療費の85%を国が負担しています。他の国と比較すると看護師の不足は問題になっていませんが、地方での人材が足りていないようです。看護師の免許は、各州の看護協会の実習を受けることで申請できます。また、日本の看護師免許がある人は、書類を添付して申請が可能です。

 

世界有数の親日国家なので、日系企業も多いですし日本人が多い居住区などもあります。ですから、日本人であれば住みにくいと感じることは無いでしょう。日本では得られない経験をすることができるはずです。

 

 

アメリカ

 

アメリカの医療制度は、民間の医療保険HMOによって大部分を占めています。医師の給料はHMOからしは割られるのに対して、看護師の給料は病院負担のために多くの看護師を雇えないという事情があります。

 

ただし、経験やスキルを持っている人材は、積極的に採用する傾向にあるようです。ですから、国籍に関係なく広く門戸を開いているといえますね。

 

 

アメリカで看護師の免許を取得するには、大学で専門課程を修了してNCLEX-RNという認定試験に合格する必要があります。また、日本で看護師免許を取得しているなら、GFNS(外国看護学校卒業正審議会)試験に合格しないといけません。

 

これは、基礎的な看護の知識と英語力を判断するための試験です。目安となる語学力に関しては、TOEFLで550点以上だと言われています。

 

アメリカの教育制度は充実しているので、自分の興味のあるスキルを徹底的に伸ばすことができます。特に、リーダーシップがある人材が求められていますから、積極的に発言できる人に向いている国だと言えるでしょう。

 

 

 

以上、国際看護師について紹介をしました。日本だけでなく世界的に活躍できる看護師の資格なので、グローバル志向が強い人は積極的に海外へ出ましょう。日本では得られないスキルや経験を積むことができるので、学べる点は多いはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース