パート・アルバイトの看護師が知っておくべき、103万円、130万円の壁とは?

パート・アルバイトの看護師が知っておくべき、103万円、130万円の壁とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

出産や育児で退職した看護師が、パート・アルバイトの非常勤で復職するケースは多いです。看護師の資格を持っていれば高時給で働くことができるので、会計の助けになるでしょう。でも、だからと言って稼ぎすぎてしまうと、税金で損をするので注意が必要です。

 

一般的に、「103万の壁」とか「130万円の壁」と言われるものですね。収入が増えすぎると、所得控除が受けられなくなるので、税の負担が増えてしまいます。そして、社会保険の支払い義務が生じてしまいますから、働き損になる可能性があるわけです。

 

ですから、ちゃんと計算をして収入を調節するようにしてください。

 

103万円の壁とは何か?

 

非常勤の看護師が、最初に考える必要があるのが「103万円の壁」についてです。これは、所得控除に関する知識なので、覚えておいてください。

 

まず、所得税の計算方法は、以下のようになります。

 

(所得金額−所得控除)×税率

 

所得控除とは、所得から差し引くことができる金額のことで、これが多いほど所得税が安くなります。そして、所得控除に関しては、以下の通りです。

 

  • 基礎控除(38万円):すべての人に適用される控除
  • 給与所得控除(65万円):会社員の所得に適用される控除

 

なので、基礎控除(38万円)と給与所得控除(65万円)を合わせて、103万円以内であれば所得がゼロとみなされて所得税が掛からないわけです。また、配偶者の所得が無い場合、夫には配偶者控除(38万円)が受けられます。夫の収入から38万円差し引かれて税金が計算されるので、所得税が安くなるということですね。

 

 

103万円の壁は考えなくてもいい

 

先述したように、年収103万円以下なら所得税が掛からずに、さらに夫には配偶者控除が受けられます。でも、年収103万円を超えたとしても、年収140万円以下なら夫は配偶者特別控除を受けることができます。

 

配偶者特別控除とは、配偶者の年収に合わせて3〜38万円までの控除が受けられる制度です。妻の年収が100万円、103万円を超えると、住民税や所得税の支払い義務が生じますが、あまり大きな金額ではありません。ですから、年収103万円以上でも、あまり気にする必要はないですね。

 

 

130万円の壁には気を付ける

 

妻の年収が130万円を超えると、夫の扶養家族から外れてしまいます。なので、自分で健康保険に加入する必要があります。この負担は意外と大きいので、保険料を払うと年収が大きく減ってしまうことになるわけです。

 

年収130万円以下の時よりも手取り額が減ってしまうので、働くほど損な状態となってしまいます。保険料の負担を考えると、年収130万円〜180万円が最も割に合いません。年収130万円というのは月収で10万円強ですから、意外と簡単に到達してしまう数字です。なので、意識的に労働時間を調節する必要がありますね。

 

 

もしも、年収180万円を超えるようであれば、社会保険へ加入しても負担は大きくありません。社会保険に入れば、もらえる年金が増えたり、傷病手当金や療養費などの給付を受けることができるのでメリットが多いです。

 

ただ、非常勤雇用だと社会保険の加入条件があるので注意してください。労働時間や出勤日数が少なすぎると、社会保険に加入できないことがあります。

 

 

 

以上、非常勤の看護師が気を付けるべき年収のカラクリを紹介しました。家庭を重視したいなら年収130万円で働けば良いですし、将来的なキャリアアップを考えているなら年収180万円以上を目指すようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース