看護師の非公開求人が多い理由とは?

看護師の非公開求人が多い理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師専門の転職エージェントが普及するにつれて、求人の多くが非公開となりました。一般には公開されない求人というのは、なんだか怖いイメージがありますよね。ブラックな病院を紹介されるのではないかと、不安に思う人も少なくありません。

 

しかし、非公開求人の多くは好条件の職場であることが多いです。好条件だからこそ、一般公開していない場合も多いわけですね。転職エージェントは、リクルートやマイナビなどの大手企業が運営していますから、かなり信頼性は高いと思います。

 

ここでは、求人が非公開である理由を紹介します。

 

求人を一般公開しない4つの理由

 

非公開で求人を募集するのは、病院側の都合であることが多いです。具体的には、以下のような理由ですね。

 

 

コストの削減

 

転職サイトや求人雑誌などに広告を出すと、良い人材が見つかるまで出稿し続けなくてはいけません。すぐに人材が見つかれば良いですが、理想的な人間に出会うまでに3か月〜半年ほど掛かることもあります。

 

それだけ求人広告を出し続けると、費用がバカになりませんよね。必ず人材が見つかる保証もないために、敬遠する病院が多いわけです。

 

しかし、転職エージェントを使って非公開で募集した場合、内定が決まった場合にだけ費用が発生することになります。なので、コストを大幅に削減できますし、コンサルタントが条件に合う人材を探してくれるので成功率が非常に高いです。

 

そのため、非公開で求人募集する病院は多くなっています。

 

 

選考の手間を省く

 

一般に求人を募集すると、大病院だと数百件の応募があったりします。それだけの書類選考や面接を行うだけでも、膨大な労力を必要としますよね。看護師の現場は忙しいですから、人材の選考に多くの時間を避けません。

 

なので、非公開求人で条件に合う人材だけを集めようとするわけです。非公開だと応募の数が減りますし、ニーズに近い人材しか集まりません。そのため、少ない労力で人材を選ぶことができるようになります。

 

条件の良い求人ほど非公開になるのは、こういった理由からですね。

 

 

管理職クラスの募集

 

看護師長や看護部長などの管理職クラスの人材を募集する場合、非公開の求人にすることが多いです。公開で募集をしてしまうと、病院内で管理職の人間が辞めるという噂が立ってしまいます。そうすると、業務に支障をきたす場合があります。

 

特に、外部から管理職を募集するとなると、昔から働いている職員は良い気分になりません。だから、病院内で混乱が生じないように、秘密で求人を募集するということがあります。

 

 

他の病院へ情報を漏らさないため

 

病院経営もビジネスですから、他の病院へ情報が漏れないようにする必要があります。求人広告などを出すと、人材が不足していることがバレてしまいますよね。手薄な診療科目などが分かってしまうと、あまり良いことはありません。

 

また、新たにデイサービスセンターを開設しようとして職員を募集しても、新規事業を行うことが筒抜けになってしまいます。ですから、余計な情報を外部に出さないために、非公開求人にする病院が多いです。

 

 

転職エージェントの利益を守る意味もある

 

看護師の転職エージェントは、紹介した人材の内定が決まると病院から手数料をもらうことになっています。その手数料としては、内定者の年収の30%ほどが相場だと言われています。つまり、年収500万円だとすれば150万円の手数料を得ることができるわけですね。なので、転職エージェントとしては、人材を紹介しないと利益を出すことができません。

 

要するに、求職者自身が自分で転職活動を行うと、転職エージェントの利益にならないということです。そのため、多くの求人を非公開にしてしまって、紹介でなければ応募できないようにしています。

 

非公開求人が大多数を占めるので、転職サイトなどに載っている情報は非常に少ないわけですね。

 

 

これを知ると、「納得できないよ!」と思うかもしれませんが、転職エージェントでは応募書類の作成や面接対策、キャリア相談などの付加サービスを無料で受けることができます。また、病院の人事担当者と繋がっているので、内定をもらえるように推薦してもらえることもあります。

 

なので、自分で転職活動をするよりも、圧倒的にメリットがあるわけです。利用した方が得だと思いますから、看護師の方は積極的に活用しましょう。

 

⇒転職サービスを使うべき7つの理由

 

 

非公開になりやすい求人の種類とは?

 

すべての看護師の求人情報の中で、一般公開されているのは2割程度しかないと言われています。つまり、8割以上の求人が非公開となっているわけですね。なので、転職サイトや求人誌などに掲載されている情報は、全体のほんの一部にすぎないということです。

 

特に、以下のような求人は非公開になりやすいです。

 

  • 最先端の医療設備が整っている有名病院
  • 給料や雇用条件などの待遇が良い病院
  • 大手の医療法人グループの系列病院
  • 新規事業や管理職クラスの人材募集

 

こういった求人には応募が殺到する可能性が高いため、非公開となるわけですね。なので、年収アップやキャリアアップを考えているなら、転職エージェントで非公開求人を紹介してもらうことが近道だといえます。

 

自分だけで転職活動をしても、条件に合った求人を見つけるのは至難の業です。余計な遠回りをしないためにも、エージェントを活用することをおススメします。

 

当サイトでは、「転職エージェントの人気ランキング」を紹介しています。求人情報の質やサポート力に定評のある業者をランキング化しているので、ぜひ参考にしてください。利用は無料ですから、積極的に登録しましょう。

 

 

 

以上、非公開求人が多い理由を紹介しました。条件の良い求人ほど非公開になる傾向にありますから、エージェントから紹介を受けるようにしてください。そうすれば、自分の求めている理想的な職場に出会えるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース