看護師の転職方法を徹底比較!

看護師の転職方法を徹底比較!自分に合った職探しとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

現在仕事をしている看護師の中には、転職を考えている人も多いですよね。また、何かの事情で看護師を辞めてしまった人でも、また現場に復帰したいと考えているかもしれません。看護師の求人は多いですから、転職をするのは難しくないでしょう。

 

しかし、条件の良い職場を探すのには、少し苦労すると思います。日勤のみや休みが多いなど、好条件の求人はすぐに埋まってしまうからですね。なので、広く情報を収集しておいて、理想的な求人をゲットできるように工夫をしてください。

 

ここでは、看護師の求人を集める方法を紹介します。

 

転職サイト

 

最もメジャーなものとして、転職サイトがありますね。おそらく、転職を考えるすべての人が、アクセスするだろうと思います。「マイナビ看護師」や「ナースではたらこ」、「ナースフル」など、有名なサイトが数多く存在しています。

 

そして、転職サイトにも2種類のサービスがあります。それが、「直接応募」と「スカウト」ですね。

 

 

直接応募

 

これは、転職サイトで求人を検索して、自分で応募するタイプです。転職サイトには、数千件の求人情報がありますから、希望する条件を指定すれば求人情報を見つけることができます。ただし、多くの人が利用しているので、あまり良い条件のものが残っていないかもしれません。

 

また、応募が殺到するので競争率が高い場合が多く、なかなか内定が決まらない可能性もありますね。なので、転職を成功させるためには、新着情報メールなどに登録しておき、情報が掲載されたらすぐに申し込むなどの工夫が必要です。

 

売り手市場の看護師といっても、条件の良い求人は競争が非常に激しくなっています。なので、周りの人間と差をつけるために、マメに情報をチェックして素早く行動できるようにしないといけません。

 

 

スカウトメール

 

直接応募は自分から申し込むタイプですが、求人先からの連絡を待つ方法もあります。それが、スカウトメールと呼ばれるサービスですね。これは、求人サイトに自分の情報を登録しておくことで、それを見た医療機関からオファーしてもらう形となります。

 

今までのキャリアや保有している資格、看護観など、目を引くような情報を登録しておけば、オファーが届く可能性が高くなります。ただし、すぐに連絡が来るのは稀なので、気長に待つ必要がありますね。

 

数カ月待っても音沙汰がないこともありますから、こちらをメインに考えるのは控えた方が良いでしょう。あくまでも補助的に使うのが良いと思います。ただし、予想外の医療機関からのオファーが届く可能性があるので、自分の可能性を広げるには最適だといえます。

 

 

転職エージェント

 

当サイトでも紹介している転職エージェント。こちらも、看護師の転職者の半数が利用している人気のサービスです。特徴としては、非公開求人を紹介してくれるという強みがあります。通常の転職サイトなどには掲載されていない、好条件の求人が豊富にありますから利用する価値は高いです。

 

専門のキャリアコンサルタントが、自分の求める条件に合った求人を紹介してくれるわけですね。また、医療機関の人事担当者とも頻繁に打ち合わせをしているので、その職場の雰囲気や人間関係などに詳しいです。

 

なので、外側からは見えない職場の内情などを教えてもらうことができます。これなら、入職してからイメージと違っていたというリスクがありません。さらに、応募書類の添削や面接の対策、将来のキャリア相談などの付加サービスまであります。

 

かなり至れり尽くせりなので、積極的に利用することをおススメします。

 

 

転職情報誌

 

書店で売られている有料のものや街で無料配布している雑誌があります。色々な職種の求人情報が掲載されていて、その中には看護師の求人も含まれています。あまり数が多くないのが欠点ですが、ネット上にはない情報があるかもしれません。

 

特に、地域特化型の情報誌であれば、個人のクリニックなどの求人が多いです。地方での転職を考えているなら、かなり利用価値が高いものですね。稀に高待遇の求人が見つかることがあり、競争率も高くないので掘り出し物の案件に出会えることも少なくありません。

 

定期的にチェックしている人が少ないですから、マメに目を通すことをおススメします。クリニックや訪問看護センター、デイケアセンターなど、少人数の募集をしている医療機関などが情報誌で求人募集することが多いようです。

 

 

病院のホームページ

 

自宅の近所などで働きたい病院があれば、そちらのホームページを閲覧してみましょう。「採用情報」という項目に、求人が掲載されていることがあります。また、直接病院へ行ってみると、掲示板に求人の張り紙をしているかもしれません。

 

病院の立場からすると、求人広告を出すと費用が掛かりますが、自社のホームページだと無料で人材を採用できます。なので、複数の応募者が集まった場合、ホームページからの直接応募を優先してくれることが多いです。

 

それだけ職場への関心が高いことを証明できるので、面接でアピールした方が良いですね。自宅から近いとなると採用側としても都合が良いですから、内定をもらえる可能性が高くなるでしょう。

 

 

 

以上、看護師の転職方法を比較してみました。どれが優れているということは無いですが、それぞれに特色が異なります。なので、自分に合っている方法を選択するようにしてください。複数の方法を併用することで、バリエーション豊富な情報を集めることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース