ダメなキャリアコンサルタントは変更するべき

ダメなキャリアコンサルタントは変更するべき

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の転職エージェントを利用すると、キャリアコンサルタントという担当者が付くようになります。そのコンサルタントから、転職活動のサポートや今後のキャリアの相談などを受けることができるわけです。

 

しかし、すべてのコンサルタントが優秀というわけではなく、中にはあまりスキルの高くない人もいます。そういった場合には、担当者の変更を依頼するようにしましょう。そのまま担当してもらっても良い結果は得られないでしょうし、時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

 

ここでは、キャリアコンサルタントの変更について解説をします。

 

コンサルタントを変更するときの主な理由

 

コンサルタントを変更すると言っても、何を基準とすれば良いのか分かりませんよね。明確な理由が無ければ、変更を受け付けてくれない場合があります。なので、担当者を変更するときの、主な理由について知っておきましょう。

 

 

サービス内容が希薄

 

転職エージェントでは、非公開求人の紹介や応募書類の作成、面接の対策やキャリアの相談など、サービス内容が多岐にわたります。このような充実したサービスがあるからこそ、転職を成功させることができるわけですね。

 

自分一人だと手間が掛かってしまうことでも、エージェントを通すことで代行してもらうことができるわけです。無駄な時間を使う必要がありませんから、仕事をしながらでも満足のいく転職活動ができるでしょう。

 

しかし、スキルの低いコンサルタントだと、求人の紹介しかしてくれないことがあります。面接のための対策などをしてくれないので、内定率が大きく下がってしまうかもしれません。これだと転職エージェントを使うメリットが無いですから、担当者を変更するべきですね。

 

サービス内容に満足ができないなら、遠慮なくクレームを言いましょう。転職というのは人生を左右するイベントですから、自分が納得できる結果を残す必要があります。そのために妥協する必要はないので、しっかりとサービスをける権利を主張することが大切です。

 

 

担当者との相性が悪い

 

キャリアコンサルタントも人間ですから、自分との相性があると思います。スキルの高いコンサルタントが付いてくれたとしても、相性が良くなければ満足なサービスを受けられないでしょう。「話しにくい」とか「信用できない」といった相手だと、腹を割って話すことができませんよね。

 

転職エージェントを利用すると、自分の過去の経歴や将来の展望など、かなりプライベートな情報を出すことになります。これは個人情報ですから、あまりペラペラと話したくはないと思います。なので、できるだけ信用できる担当者と出会う必要があるわけです。

 

また、自分の思いを的確に理解してもらえるかも重要ですね。言葉のニュアンスが上手く伝わらないと、求人の紹介などでミスマッチが起きる可能性があります。細かいことですが、かなり重要なことだと言えるでしょう。

 

自分と相性の良い人間を探すのは難しいですが、良きパートナーを見つけるのは重要ですから頑張って探してください。できれば、複数のエージェントに登録して様子を見た方が良いですね。一社だけだと自分に合う人が見つからない可能性があるので、2〜3社の中から探した方が効率が良いと思います。

 

 

強引に転職を勧めてくる

 

自分の意見を尊重してくれるなら良いですが、早く転職をするように迫ってくるコンサルタントもいるようです。転職エージェントも営利企業ですから、内定数が多いほど売上がアップしますし、コンサルタントの評価も上がります。

 

なので、自分の成績を上げるために、無理に転職させようとするコンサルタントがいるわけですね。それだと、納得のいく転職ができる可能性が低いです。希望にマッチしている求人であれば良いですが、興味の無い求人を勧められたらキッパリと断るようにしましょう。

 

言われるがままに転職をすると、後悔するのは自分です。条件に合わない職場に入ってしまうと、短期間で転職を繰り返すことになるので悪循環となってしまいます。無駄な時間を過ごしてしまうことになりますから、ちゃんと断ることが大切ですね。

 

あまりにも強引に勧めてくるコンサルタントに出会った時には、担当の変更をお願いしてください。

 

 

業界の知識が乏しい

 

転職エージェントのサービスの一つに、将来のキャリア相談があります。これは、キャリアアップをするために、どんな資格を取るべきか、どんなスキルを身に付けておくべきか、といったことを看護業界に精通したコンサルタントから指導してもらうことができるものです。

 

しかし、未熟なコンサルタントだと、業界の知識を持っていないことがあります。特に、新人だと全くの素人であるケースもあるので、注意が必要ですね。また、ベテランのコンサルであっても、自分の興味のある分野について詳しくないかもしれません。看護業界は領域が広いですから、ちゃんと知識を持っているのかどうかを探るようにしてください。

 

そして、ちゃんと知識を持っていないと、待遇面での交渉が上手くいかない可能性もあります。内定が決まりかけても、病院側との交渉が失敗すると内定の取り消しになるかもしれません。あるいは、年収が下がってしまったり、休日が少なくなったりなどの悪い条件で働かざるを得ない場合もあるわけです。

 

自分の人生を預けるわけなので、ちゃんと業界に精通しているコンサルタントに依頼できるようにしましょう。

 

⇒スキルの低いキャリアコンサルタントの問題点

 

 

担当者の変更を依頼するコツ

 

キャリアコンサルタントを変更したいと思っても、気まずくて言い出せないことがありますよね。できれば穏便に済ませたいですし、トラブルになるのは避けたいはずです。そういった時には、電話やメールを使うのが効果的だといえます。

 

どの業者であっても、利用者のためのコールセンターや受付を用意しています。そこへ電話をすることで、担当者の変更を依頼するわけです。これであれば角が立ちませんし、直接顔を合わせることも無いので気が楽です。

 

コンサルタントの変更は、珍しいことではありませんし、遠慮する必要はないと思います。なかなか言い出せずに時間が経ってしまうのは勿体ないので、早めに伝えるようにしましょう。

 

 

 

以上、ダメなキャリアコンサルタントを変更する方法を紹介しました。自分と合わない人は早急に変えてもらうべきです。自分の人生が掛かっていることなので、迷わずに変更を依頼するようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース