皮膚科での看護師の仕事

皮膚科での看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

皮膚科は、主に皮膚に関する疾患を扱っている科目となります。化膿や湿疹、やけど、炎症などが、主な疾患となりますね。患者さんの年齢層としては、色々な方がいらっしゃいます。皮膚の弱い赤ちゃんから、高齢者の方まで様々ですね。

 

皮膚の疾患は、肉眼で判断できるものですし、経験を積むことである程度の判断が出来るようになります。看護師の処置としては、消毒や薬剤塗布など簡単なものが中心となります。なので、専門知識が必要ないと思われがちです。

 

 

しかし、皮膚病はストレスや精神疾患などの内的な要因が絡んでいるので、原因を突き止めるためには判断が難しい場合もあります。時には、大きな病気が潜んでいることもあるので、注意深く観察しないといけません。なので、高い専門性が要求される科目でもあります。

 

ですから、しっかりと勉強することが必要ですし、患者さんとコミュニケーションを図ることで、心のケアをするというサポートも重要になってくるんです。かなり奥が深い科目と言えますね。

 

 

でも、皮膚科でキャリアを積むことで、かなりの専門に特化することができます。なので、どこの病院からも、必要とされる看護師になることが出来ますよ。特に、アトピーやHIV、感染症などの知識を付けることで、皮膚科のスペシャリストとして活躍が可能です。

 

将来的なキャリアに繋がる科目なので、非常にやりがいがあると言えるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース