循環器内科での看護師の仕事

循環器内科での看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

循環器内科とは、主に心臓や血管の治療を行う科目のことです。主な疾患としては、不整脈、心臓弁膜症、心筋炎、高血圧症、肺梗塞などがあります。

 

循環器による疾患に関しては、患者さんは強い不安に襲われます。心臓病にかかったとしたら、誰でも不安になりますよね。「死んでしまうかもしれない」という、不安を持つことも仕方ないのかもしれません。

 

なので、精神的に安心させることが出来るようなケアをする能力が重要なんですね。つまり、コミュニケーション能力です。患者さんとマメに会話をするようにして、少しでも不安を和らげる努力をしないといけません。

 

他にも、容体の急変をすぐに察知することや高度な医療機器を扱うための専門知識も欠かすことが出来ません。特に、循環器系の医療機器は、複雑で難しいものが多いです。他の科目では、全く見たことが無かったようなものまであるんです。なので、心電図や呼吸器などの基本的なことはもちろん、複雑な危機の扱いにも慣れておく必要があります。

 

命に関わることもありますから、看護師の責任が非常に重い科目だと言えるでしょう。患者のケアや医師のサポートなどを、ハイレベルでこなせるように努力をしてください。大変な仕事ですが、それなりにやりがいを感じられますし、看護師のスキルを磨きたい人は目指してみるのも良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース