産婦人科の看護師の仕事内容や給料について

産婦人科の看護師の仕事内容や給料について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性が多い看護師の世界で、産婦人科を目指す人は多いです。女性にとっての人生最大のイベントである出産に立ち会えるわけですから、特に志望者が多いわけですね。助産師の資格が無いとダメだと思われがちですが、産婦人科でも看護師は活躍しています。

 

少子化が進んでいるので産婦人科の数が減っていますが、非常にニーズが高い仕事だといえますね。新しい命の誕生を見届けることができるので、女性にとっては感動的な職場だと思います。

 

ここでは、産婦人科の仕事や給料について解説をします。

 

産婦人科での仕事内容

 

産婦人科とは、産科と婦人科を併せ持った科目のことを指します。産科とは、主に妊娠や出産を受け持つ科目ですね。一方、婦人科とは、卵巣嚢腫や子宮肉腫、子宮頚癌などが主な疾患となっています。

 

看護師の仕事は、主に体温や血圧測定などのバイタルチェックや点滴などの処置、妊婦さんの精神的なケアなどがメインとなります。特に、初産や高齢出産の患者さんは、強い不安を感じています。

 

なので、女性の視点に立って、不安を和らげられるようなコミュニケーションが大切です。時には、死産や流産となった患者さんと接することもあります。そういったデリケートな人と接する機会が多いので、非常に難しい仕事でもありますね。

 

 

求められるスキルとしては、精神的な強さが重要となります。辛い現場を目にしてもストレスを感じることなく、患者さんのケアに務めないといけません。これが意外と難しく、精神的に疲弊してしまって辞めていく看護師が多いようです。ですから、それに負けない強さを持っていることが大切ですね。

 

また、助産師の資格を持っていると、産婦人科では重宝されます。やはり、分娩の処置ができるのは助産師ですし、求人募集の際にも助産師の資格保持者が優遇される傾向にあります。資格を取得するには、養成所で1〜2年の教育を受けた後、国家試験に合格しないといけません。かなりの期間が掛かるので、よく考えてから資格を取得しましょう。

 

⇒助産師の仕事内容と給料について

 

 

産婦人科のメリット・デメリット

 

メリット

 

産婦人科で働くことの利点は、新しい生命の誕生に立ち会えるということです。こういった経験は一生のうちで何度もありませんし、それを仕事に出来るというのは素晴らしいことだと思います。女性にとっての最大の喜びですから、感動することができるでしょう。

 

また、将来的に自分が出産するときのために、色々な予備知識を付けることができます。初めての出産だと多くの不安を感じますが、知識を集めておけばリラックスして出産に臨むことができるはずです。

 

さらに、出産の経験者であれば、自分の経験を仕事に生かすこともできます。初産で入院している患者さんに、自分の経験を踏まえてアドバイスをすることも可能なわけです。他にも、不妊治療や育児の知識も身に付くので、女性にとっては有益な勉強の場所だといえます。

 

 

デメリット

 

先述したように、産婦人科の患者さんはデリケートな問題を抱えていることが多いです。不妊治療を続けていたり、流産や死産を経験した人など、ケアが難しい患者さんがいるわけですね。なので、神経を尖らせてケアに当たる必要があります。

 

こういったプレッシャーに耐えきれずに、辞めてしまう看護師もいるようです。新しい命の誕生に出会える職場ですが、逆にそれを失った悲しみにも耐えなくてはいけません。女性にとっては辛い状況もありますから、良い事ばかりでは無いですね。

 

また、助産師との人間関係が難しい問題もあります。産婦人科での主役は、助産師の方となります。看護師はそのサポートや雑用がメインの仕事になるので、待遇に不満を持ってしまうことがあるわけです。助産師との上限関係が複雑だったりする職場もあるので、接し方に困ってしまうかもしれません。

 

 

産婦人科の看護師の給料

 

産婦人科の給料は、医療施設によって大きく変わります。大体、月収25〜40万円の差があるようです。特に、高度な医療設備や豪華な入院食などを備えた高級産婦人科だと、出産費用が高額になるので給料も高くなります。

 

また、人工授精や体外受精などの不妊治療を行っている病院だと、自由診療なので費用も高額となります。そういった病院でも、給料に反映されるので高給となる場合が多いですね。

 

パートやアルバイトの非常勤だと、時給1,500〜1,800円くらいが相場なようです。

 

 

 

以上、産婦人科の看護師の仕事や給料について解説しました。女性にとっては興味深い科目だと思いますし、専門性が高いのでスキルアップにも向いています。ですから、助産師の資格を取得して、本格的に目指す人もいますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース