整形外科での看護師の仕事

整形外科での看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

整形外科は、四肢(手、足)や脊椎などのケガなどを扱う科目となっています。けがをした患部を修復して、元の機能を回復させるまでが仕事となります。よく美容整形外科と間違われたりしますけども、全く違う科目となります。美容目的ではなくて、病気やけがの修復をしています。

 

主な疾患としては、骨折や打撲、ねん挫などの外傷や椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患などがあります。けがの治療がほとんどなので、対象となる患者の年齢も様々となっています。

 

 

看護師の求められる仕事は、手術前後のケアが中心です。不安になっている患者さんを落ち着かせてあげたり、励ましてあげるなどの心のケアをしないといけません。また、手術後には幹部のケアやリハビリのサポートなどの業務があります。

 

救急医療などと違って、命に関わるような重篤な患者さんはいません。なので、精神的なプレッシャーは少ないと言えるでしょう。

 

 

しかし、患者と信頼関係を作ってサポートをする必要がありますから、常に周りの変化を見渡せるスキルが必要となってきます。患者さんとしっかりと向き合って心にケアをすることが出来るように、コミュニケーション能力を磨くようにしてください。

 

カウンセラーと同じように、心のケアが出来るようにスキルを磨きましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース