小児科での看護師の仕事

小児科での看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

小児科とは、15歳くらいまでの子供を対象として診療を行っている科目です。主に、内科が中心となっていますね。扱う疾患としては、感染症やアレルギー疾患、腫瘍性疾患などがあります。

 

思春期の子供が相手となりますから、デリケートな看護が必要とされます。病院に来るだけで不安になって泣いてしまう子供もいますし、心を開いてくれない子供もいます。なので、安心感を与えられるように、優しく接しないといけません。

 

また、入院するときには、保護者代わりとして接してあげて、時には家庭教師として勉強などを教えたりしないといけません。すごく奥が深い科目ですので、子供が好きでないと途中で挫折してしまう可能性があります。子供だからといって、甘い道ではないですから覚悟が必要です。

 

 

特に、他の科目からの転職の場合には、注意が必要ですね。大人の患者さんとは全く違いますから、最初は戸惑うことが多いでしょう。言うことを聞いてくれないことはザラにありますし、殻に閉じこもって口もきいてくれないこともあります。子供の心理はつかみにくいですから、慎重に接してあげる必要があるんですね。

 

非常に専門性が高い科目なので、「小児救急看護」の認定看護師も制度化されました。将来のキャリアとして専門性を高めたいのであれば、こういった道に進むのも良いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース